ユンは中国、日本、ロシア、国連に新しい大使を任命する

ソウル、6月7日(聯合ニュース)-尹錫淵(ユン・ソクヨル)大統領は火曜日、中国、日本、ロシア、国連に新しい大使を任命した。

翰林大学の元外交官兼准教授であるファン・ジュンクック氏は、2016年から2018年まで英国大使を務めていた間、韓国の国連常駐代表に任命されました。 日本、尹徳敏、韓国外国語大学言語外交学部名誉教授、韓国国立外交アカデミー(KNDA)の元所長。

ロシアについては、韓国海洋大学校の元外交官兼名誉教授であるチャン・ホージン氏が言及された。 2012年と2013年に彼は李明博大統領の外交顧問を務めた。 中国の場合、ユン大統領は政治外交学部からソウル国立大学のチョン・ジェホ教授を選んだ。 2008年から2011年まで、彼は大学の中国学センターを率いていました。

これで、ユンは最も重要な外交ポストへの指名を完了した。 彼はまた、キム・ジュヒョンを金融サービス委員会(FSC)の長に任命した。 後者は、経済学と財務管理の分野の元高官であり、現在は信用機関連盟(CREFIA)の会長を務めています。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。