ラグビー/ポーセクション:ブルースと日本のハストイ

「そこで、ゲームの終わりに、彼らは19人のプレーヤーが選ばれたと言われました。 だから、1人の怪我を除いて日本に行くのはすでに19人の選手だ」と語った。

「私たちは昨日(土曜日)にグループを結成しました。月曜日に彼らに連絡します」と彼は付け加えました。

柱のジャン・バプティスト・グロ(トゥーロン)、シピリ・ファラテア(クレルモン)、ダニー・プリソ(ラ・ロシェル)、売春婦のピエール・ブルガリット(ラ・ロシェル)、クリストファー・トロファ(トゥーロン)、2列目トーマス・ラヴォール(ラ・ロシェル)、3列目Lines Dylan Cretin(リヨン)、Charles Ollivon(トゥーロン)、Sekou Macalou(スタッド・フランセ)、Yoan Tanga(レーシング92)、スクラムハーフのBaptiste Couilloud(リヨン)、Nolann Le Garrec(レーシング92)、オープナーのAntoine Hastoy(ポー)したがって、ルイ・カルボネル(トゥーロン)、センターのビリミ・ヴァカタワ(レーシング92)とタニ・ビリ(クレルモン)、ウィンガーのダミアン・ペノー(クレルモン)、ゴールキーパーのマックス・スプリング(レーシング92)は、オヨナックス(プロD2)トーマスラクラヤット。

イギリスの野蛮人は、夏のツアーのためにオーストラリアに行くイギリス人に8回の試みを与えました。 最後のテストはアントワーヌ・ハストイの仕事です。アントワーヌ・ハストイは、10時にパスしたゲームの後、最後の数秒でブルースのデモンストレーションを完了します。

「それは私たちと若い選手たちにとって新しい経験でした。それは1週間の学習でした」とガルティエは強調しました。

「ダミアン・プノーやシャルル・オリヴォンのように国際レベルを知っている選手はほとんどいませんが、他の選手はチームに参加したいと思っており、大会、大会、チームスピリットにとって素晴らしいものでした。 彼らはピッチの内外で多くのことを学んだ」とフランスのコーチは付け加えた。

ブルースは7月2日と9日に桜を咲かせます。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。