ラグビー ワールド カップ 2023。チリはペロス ギレックにベース キャンプを設置します。 スポーツ

チリのラグビー ユニオン チームは、2023 年のラグビー ワールド カップ (フランスで 9 月 8 日から 10 月 28 日まで) に向けて、ブルターニュのペロス ギレック (コート ダルモール) を本拠地とします。

Cookie の選択を尊重するため、このコンテンツの表示をブロックしました。
「相談する」をクリックすると、Twitter などのソーシャル ネットワーキング サービスによる Cookie の登録に同意したことになります。

また読む。 ラグビーワールドカップ。 アルゼンチンがラボールをベースキャンプに選んだ理由

チリ初のワールドカップ予選

チリは、7 月のアメリカ大陸 2 プレーオフ第 2 レグ (31-29) で米国を破り、歴史上初めてワールドカップの出場権を獲得して番狂わせを引き起こしました。
チリの XV は、プール D でイングランド、アルゼンチン、日本、サモアと対戦します。

Cookie の選択を尊重するため、このコンテンツの表示をブロックしました。
「相談する」をクリックすると、Twitter などのソーシャル ネットワーキング サービスによる Cookie の登録に同意したことになります。

ピューマもベースキャンプに西を選んだ : La Baule-Escoublac (Pays de la Loire) で 1 か月過ごします。

Fukui Fuji

「インターネットスペシャリスト。謝罪のないコーヒーオタク。受賞歴のあるソーシャルメディアの魔術師。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。