ラスベガステックフェアでの驚くべき、邪魔なヒューマノイドロボット

「目が本当に怖い」ペルーからの出展者であるマルセロ・フメレスは、ショーの期間中、医療訓練を目的としたロボットであるPedia-Roid(小児科とアンドロイドの収縮)に落ちたと叫びます。

いくつかはさらに立っています Amecaという名前のヒューマノイドロボット 好奇心旺盛な見物人から、恐ろしいほどではないレセプションを受け取ります。見物人は、彼が驚くべき人間のような可動域を示しているときに、彼がおしゃべりするのを見ています。

「私たちは、その動きにおいて可能な限り人間のようになるようにAmecaを設計しました」英国の会社EngineeredArtsのMorganRoeは言います。

Roeさんはロボットのすぐ隣に立っています。 灰色の顔が動き、点滅します 彼の人間の相棒が話している間。

「人間は非常に複雑なので、人間とまったく同じようにロボットを作ることはほとんど不可能です。」彼は付け加えます。

「しかし、私たちがそうするなら、あなたはそれが人間であるとただ仮定するので、あなたはそれを恐れないでしょう。 »»

このレベルのリアリズムに到達する前に、その作成には有益な特定の側面が含まれます 彼女は生き物ではないこと代わりに、 「見知らぬ人の谷」

「それは人間のように正確に動くわけではなく、それ自体を表現したり、感情を示したり、人間のように話したりすることはありません。 それは見知らぬ人の谷であり、それは恐ろしい部分です。」モーガン・ローは説明します。

Pedia-Roidロボットの場合 恐ろしい側面は意図的です人形を展示したテムザックの石井雄輔は言う。

「現実的なシナリオを作成したいので、彼女を子供のように振る舞わせるために、いくつかの不気味な音を追加しました。」彼は明確にします。

会社のパンフレットによると、ロボットはそれを行うことができます 「現実的にシミュレートする
子供のゆがみの動き
治療抵抗性のある人」

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。