ラデス「C」発電所の建設の完了: チュニジアの電力網に 450 メガワットの電力を追加

三菱パワー主導のコンソーシアムは、住友商事と提携して、国内で最も効率的な発電所であるラデス「C」複合サイクル発電所の発足を祝いました。 Rades “C” は 450 メガワット (MW) の電力をチュニジアの全国送電網に供給し、それによって同国の経済発展と増大するエネルギー需要を支えます。 三菱パワーは、電力供給を確保し、グリッドの信頼性と可用性を向上させるために、高度な機器と保守サービスを提供しました。

三菱重工業の電動ソリューションブランド「三菱パワー」。 (MHI) は、チュニジア電力・ガス会社 (Steg) が所有するチュニジアのラデス「C」複合サイクル発電所の試運転を発表した。

高効率の 450 MW 発電所は、三菱パワーとそのパートナーである住友商事が率いるコンソーシアムによって開発され、チュニジアの電力容量を増やし、安定した電力供給を確保して同国の持続可能な経済発展を加速させます。 ラデス「C」は、現在の設備容量の約 10% を供給し、国内で最も効率的な発電所になります。

最先端のソリューション と技術 脱炭素化

2022 年 8 月 26 日のコンソーシアムのメンバーとの会合で、Steg CEO の Hichem Anene は次のように述べています。 . チュニジア全土で増大するエネルギー需要を満たすのに役立ち、最先端のソリューションと技術でエネルギー移行を促進することを目的としたこの主要プロジェクトの「三菱パワー」とコンソーシアムのすべてのパートナーに感謝します。 水素、炭素回収、エネルギー貯蔵など。 三菱パワーとのパートナーシップを拡大し、チュニジアが持続可能で脱炭素化されたエネルギーの未来への道筋を描く手助けができることを嬉しく思います。 ラデス「C」ピーク発電所は、最小限の変更で簡単に水素生産に変換できる適合ガスタービン技術のおかげで、国の環境目標を満たし、CO2 排出量の削減に大きく貢献するように設計されています。」

長期的なコミットメント

三菱パワー株式会社の代表取締役社長兼 CEO であり、三菱重工のエネルギー転換およびエネルギーシステム本部副本部長であるシニアフェローである川本秀志氏は、次のように述べています。完成は、世界で最も近代的で効率的で信頼性の高いガス火力発電所の 1 つとなり、チュニジアの発展に貢献します。」

川本氏は、「Radès ‘C’ コンバインド サイクル発電所は、三菱パワーのチュニジアへの長期的な取り組みを反映しており、当社の高度な技術は、過去 40 年間にわたって Steg が同国の電力容量を拡大するのに役立ってきました。 橋が 60 周年を祝っている間e 私たちの記念日に、私たちは将来を見据えたソリューションを通じて国の持続可能な開発目標の追求を支援するために、今後数十年間、彼らとチュニジアの人々を支持し続けます.ガスタービン、蒸気タービン、排熱回収蒸気発生器 (ed)、および建設と試運転期間をサポートする技術コンサルタントと現場管理者のチーム。 また、三菱パワーは「トモニHUB」との長期サービス契約(Ltsa)に基づき桟橋の維持管理を支援し、24時間365日連続監視を住友商事株式会社に提供します。コンソーシアム パートナーは、プラントの残りの機器を供給し、土木工事と設置を引き受けました。

このプロジェクトは、日本政府の質の高いインフラストラクチャ パートナーシップ イニシアチブの下で、国際協力機構 (Jica) によって組織された日本の政府開発援助 (ODA) によって資金提供されました。 Radès「C」プロジェクトは、地元のコンテンツ、材料、リソース、設備を利用しており、プロジェクトの開発と建設中に約 70 人の常勤雇用と追加の 2,000 人の雇用を生み出しました。

チュニジアで40年

「三菱パワー」はチュニジアに 40 年間存在していたことを覚えておく必要があります。この旅は、ラデスと同じ場所にある 340 MW の容量を持つラデス「A」発電所の桟橋プロジェクトから始まりました。 C」には、ガスと燃料油で作動するボイラーと蒸気タービンの形での発電ソリューションの供給が含まれます。 ラデス「A」発電所は、1985 年以来、チュニジアの送電網に電力を供給しています。 「三菱パワー」は、「三菱重工」の電動ソリューションのブランドです。 「三菱パワー」は、脱炭素化を推進し、世界中で信頼できるエネルギーの供給を確保するデバイスとシステムを 30 か国以上で開発、製造、サービスしています。

そのソリューションには、水素駆動ガスタービン、固体酸化物燃料電池 (Sofc)、空気品質制御システム (Aqcs) などの幅広いガスタービンが含まれます。 模範的なサービスを提供し、顧客と協力してエネルギーの未来を構想することを約束する三菱パワーは、一連の AI 対応 Tomoni ソリューションを通じて、デジタル発電所の開発の先頭にも立っています。

また、「三菱重工業グループ」は、エネルギー、インテリジェントインフラ、産業機械、航空宇宙、防衛をカバーする世界有数の産業グループの 1 つであることも注目に値します。 三菱重工グループは、最先端の技術と豊富な経験を組み合わせて、カーボンニュートラルな世界、生活の質の向上、より安全な世界に貢献する革新的で統合されたソリューションを提供しています。

Okura Sho

「誇り高きフードマニア。受賞歴のある探検家。情熱的な旅行忍者。ソーシャルメディアの伝道者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。