ラバト-チュニス-TICAD | モロッコを疎外することで、カイス・サイードは自分の足を撃ちます

カイス・サイードは、戦争犯罪者の公式接待を予約することで、許されざる行為を行った

アフリカ開発会議(TICAD)は、1993 年に日本政府によって設立され、5 年ごとに開催されます。 2016年以来、このコンクラーベは3年ごとに日本とアフリカで交互に開催されています…スキャンダルなし。

今年(2022 年)、チュニジアが第 8 回の開催地に選ばれました。番目 TICAD第27~28号 8月。 しかし、カイス・サイードは別の方法で「決定」したため、ほぼ 30 年間にわたってアフリカと日本のパートナーシップを強化することを目指してきたこのコンクラーベの意義を奪いました。

サイード大統領の失言が多すぎる

2022 年 8 月 26 日金曜日、チュニス カルタゴ空港の駐機場で盛大な仮面舞踏会が行われ、いわゆるブラヒム ガリがアルジェリアの旗を掲げた飛行機から降りましたが、ブルンジの代表団が搭乗し、2 階に戻りました。この代表団を受け入れるために装置の足元に立っているカイス・サイードは、代表団の長として正式に受け入れられるために再び降ります。 その後、チュニジア大統領は、ポリサリオ分離派民兵の指導者の公式レセプションを予約し、それに付随するすべての議定書を用意します…飛行場のラウンジに敬意を表して、ガリ、別名ベン・バトゥーシュとの1対1のインタビューを含みます。 チュニジア大統領によるこの意図的な挑発は、モロッコを怒らせた。 サイード大統領の行動は外交の士気に対する攻撃であるため、ここに怒りの原因があります。 チュニジア大統領府の、王国に対する敵意とその最高の利益を示したいという明らかな願望は、死んだ文字のままではありません. 実際、ラバトはサイード大統領の無愛想な態度に強く反応した。 強調しなければならない態度は、モロッコとチュニジアの関係に有害である.

モロッコは断固として対応する

2022 年 8 月 26 日、カイス サイード大統領がポリサリオ民兵の指導者をチュニジアの地に迎えたのと同じ日、外務・アフリカ協力・モロッコ居住省は、チュニスにいる国王陛下の大使の即時召還を発表しました。 (Hasan Tariq)、アドバイスを。 公式声明を通じて、ラバトは第 8 回 TICAD サミットに出席しないという決定も発表した。 モロッコは、必要に応じて最優先の利益を擁護する権利を有しているが、その立場を明確にすることを主張した. したがって、ラバトは、日本の助言に反して(特に、チュニジアおよびアフリカ開発に関する東京国際会議の共同主催者であるアフリカ連合委員会とともに)、チュニジアは確立された規則およびこのイベントの準備プロセスに違反していると宣言した. この意味で、モロッコ外交は、チュニジア大統領府が一方的に分離主義組織(ポリサリオ)の首長を招待することを決定したことを強調した。 MAE は、チュニスが最近、モロッコに関して否定的な立場と行動を増やしていたことを想起し、このスタンスの深刻で前例のない性質を強調した。 この文脈では、サハラに関する国連安全保障理事会決議 2602 (2021 年 10 月) の投票でチュニジアが棄権したことを思い出す価値があります。 国民とチュニジア政権を区別する際に、モロッコは、チュニジア大統領によるポリサリオ民兵の指導者への公式の歓迎の後に下した決定を特定した(協議、チュニスのモロッコ大使、および王国の会議のキャンセルのリマインダー) TICAD の作業への参加 8) は、アフリカの利益に対する王国のコミットメント、または AU または TICAD 内でのその活動を決して損なうものではありません。 モロッコにとって、これらの出来事は、「共通の歴史と共通の運命によって結ばれた、モロッコ人とチュニジア人の間の強く無傷の絆を決して損なうものではない」.

チュニスが勝ち点1を獲得

チュニスは自分の過ちを認めたり、少なくともラバトをなだめたりするよりも、外交上のエスカレーションを選択した. チュニジア外務省は急いでプレスリリースを共有し、不当なことを正当化しようとしました。 2022 年 8 月 27 日付のプレス リリースで、チュニジアは「(…) モロッコ王国のプレス リリースで宣言されたことに驚き」を表明した。 TICAD の「チュニジア共和国に対する容認できない偏見と、サミットへの(ポリサリオの)参加に関する誤解」に言及して、チュニジア外交は、「もともと TICAD 8 の重要な参加者と見なされていたアフリカ連合は、アフリカ連合のすべてのメンバーが招待されました。」 第二に、チュニジアは、AU 委員会の委員長 (Moussa Faki Mahamat, ed.) がポリサリオに直接個別の招待状を送ったことを指摘し、「サミットに関連する組織的手続きは、アフリカの法的根拠に従って行われることを保証した。サミット、会議、パートナーシップ会議の組織」。 実際に?

ラバトは物事を文脈に置く

チュニジアの前進に対するラバトの反応はすぐに現れた。 外務・アフリカ協力・モロッコ人省は、TICAD-2022への分離主義民兵の指導者の招待に関してチュニスによって与えられた正当化と、サハラ問題に関するチュニジア勢力の中立の主張について詳述した。

2022 年 8 月 27 日のチュニジアの外交政策のプレス リリースは、「モロッコの主要な国益とより高い利益に関して、チュニジア当局の敵対的で非常に非友好的な行動を後知恵で正当化する」ことを目指していたことを考慮して、モロッコ外交は、チュニジアの前述のプレスリリースに含まれる正当化は概算と虚偽に満ちており、最終的にはチュニジアの立場を排除するのではなく、あいまいさを深めるだけです. Nasser Bourita の局が述べたように、TICAD は「アフリカ連合の会議ではなく、日本と外交関係を持つアフリカ諸国との間のパートナーシップの枠組み」です。 これは、ホットポテトをAU委員会のムサ・ファキ・マハマト議長代理に手渡そうとしたチュニジア外交の声明と矛盾している. モロッコの MAE は次のように続けています。 したがって、モロッコが完全に尊重するアフリカ連合とその枠組みの規則は、この場合には適用されません。」

第8回参加国の質問について番目 TICAD サミット、外務省、アフリカ協力省、在外モロッコ人は、アフリカ開発に関する東京国際会議への参加が全会一致で合意されたことを思い出しました。 このコンセンサスは、日本の総理大臣とチュニジア大統領が共同で署名した招待状を規定しており、「50 の招待状がアフリカ諸国と外交関係にあるアフリカ諸国に送られたことが知られていることを考えると、これなしではどの代表団も TICAD 8 に出席する資格はない。日本”。 さらに、モロッコ外交は、日本が2022年8月19日に口頭で公式のメモを発行し、そのサミットのゲストリストからポリサリオを明示的に除外したことを想起します。 「したがって、チュニジアは、日本のパートナーの明示的な意思に反して、分離主義者組織のために一方的かつ並行して特定の招待手続きを設定する権利を持っていなかった」とモロッコ外交は強調した.

サハラ・ファイルでチュニジアが提唱した「中立性」の主張に関して、モロッコは、「2022 年 10 月の安全保障理事会決議 2602 の採択に対するチュニジアの驚くべき、説明のつかない棄権は、政治プロセスと国連への支持について深刻かつ正当な疑問を提起する」ことを想起した。解像度。 チュニジアとその国民が疑似「SADR」を認識していないことを考えると、チュニジアのゲストを目の高さで歓迎することによって正当化された、カイス・サイードがブラヒム・ガリのために予約した非常に華やかなレセプションは、モロッコ外交の「大きな驚き」を呼び起こします。 したがって、分離主義民兵の指導者の公式の挨拶は、根拠のない露骨な敵意の行為を証明するものであり、チュニジアのおもてなしの伝統とは何の関係もありません。困難な時期に常にチュニジアの側に立ってきた兄弟と友人は、モロッコ外交を締めくくります。

Brahim Ghali のレッド カーペットを敷いて、Kaîss Saied はルビコンを横切りました。 この敵対的で計画的な行為は、両国の関係に深刻な結果をもたらすでしょう。 特にカイス サイード政権は、第 8 回 TICAD サミットに参加しているほぼすべての国から公然と非難されていました。

ルルザル氏

—————–

TICAD 8へのポリサリオの招待

日本がカイス・サイードを否認

日本は、2022 年 8 月 27 日から 28 日にチュニスで開催される第 8 回アフリカ開発会議 (TICAD) へのポリサリオの参加に断固として反対を表明しました。

TICAD 8 の第 1 回本会議の審議で、日本の代表団は、「TICAD はアフリカの開発について議論するフォーラムである」こと、「この問題に関連する会合において、日本が主権国家として認めていない団体の存在は、高官会議やサミットを含む国際会議は、この組織の地位に関する日本の立場に影響を与えません。」 日本はチュニジアとの間で、TICAD-2022 の作業への参加は、日本の首相とチュニジア大統領の両方によって署名された招待を受けた国に限定されることで合意しました。

日本は、2022 年 8 月 19 日付の口頭での公式通知で、この共同署名された招待状が「それなしではどの代表団も TICAD-8 に参加する資格がない唯一のもの」であることを明らかにした。 これに基づいて、日本と外交関係を維持しているアフリカの50か国に招待状が送付されたため、チュニジアには、自由意志に反する分離主義団体に招待状を送るための一方的、並行的かつ具体的な手順を発行する権利がありませんでした。私たちが思い出したように、疑似「rasd」を知らない東京から。 日本の林芳正外務大臣も、サハラ砂漠を国家として認めないという自国の立場を繰り返し表明し、東京で開催されたアフリカ開発に関する国際会議(TICAD 8)にモロッコが欠席したことに遺憾の意を表明した。 2022 年 9 月 2 日に日本の外務省が発行したプレス リリースで、モロッコのカウンターパートであるナセル ブリタとのビジョン会議の後、日本外交の責任者は、サハラを国家として認めないという日本の立場は変わらないと強調した。 2022 年 8 月 26 日から 27 日にチュニジアで開催された第 8 回 TICAD サミットで明確に表明されました。 林義正も、モロッコがTICADに参加していないことに遺憾の意を表明した。

Yamagata Akio

「熱心なポップカルチャー中毒者。インターネット愛好家。不治のゾンビ狂信者。邪悪なコーヒーファン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。