リュック・アバロが日本に帰国

リュックアバロはまだ引退していません。 オリンピックで3回の勝利(1.82 m、37年)を達成した右ウィンガーは、それを公然と認めています。 チーム :彼は2022年から2023年の2シーズン目に日本に戻ってきました。 昨年11月にジークスター東京に到着した彼は、昨シーズンのチャンピオンシップの準決勝に到達し、3月に終了しました。 「このクラブに勝つチャンスを与えるために滞在したかった」彼は説明する。

すでに次のシーズンに向けて準備中

フランシリエンとその指導者たちは、契約で規定されている2番目のオプションの年を有効にすることを決定しました。 パリでの短いスティントの後、彼はクーベルタンで彼の元PSGチームメイトがプレーした試合中に最も顕著に見られましたが、彼はすでに東京に戻っています。 彼のチームは、7月に通常より早く始まる次のシーズンの準備を始めています。

元アイブリー、シウダードレアル、パリ-SGの選手は、当初、首都での契約終了時に2020年夏に引退を計画していましたが、健康危機と東京オリンピックの延期により延期されました。 その後、ノルウェーのチャンピオンであるエルベルムとシーズンを過ごした後、日本に飛びました。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です