リーグ2– TFC:オナイウ阿道の冒険を語る日本のジャーナリスト、木村かやこ

彼女はスタジアムでTFCリーグ2の試合を観戦する常連です。 木村かや子は通信社に勤務 共同通信。 日本のフランス通信社(AFP)に相当します。 フランス南部、マルセイユの近くに拠点を置く彼女は、日本のアスリート、つまりトゥールーズフットボールクラブのフォワード、オナイウ阿道の冒険を追っています。 今年の夏に到着したジャパンインターナショナルは、リーグ2ですでに5得点を挙げています。

OMで中田をフォローするために到着

東京生まれの木村かやこさんは、横浜に留学後、スポーツジャーナリズムに携わってきました。 オーストラリアで特派員を務めた後、彼女は約15年前の2005年にフランスに来ました。 「オリンピック・マルセイユに加入したばかりの中田浩二をフォローするようになりました。私の仕事は、ゲームをカバーし、日本人選手に焦点を当てることです。日本人がいなくても、チャンピオンズリーグのビッグゲームに取り組むこともできます。 。」 その場所で。」

「オナイウ阿道は人気選手です」

木村かやこは毎週末フランスを渡り、彼らのプレーを見に行く 4人のプロスポーツ選手。 ストラスブールのゴールキーパー、川島永嗣、ニームのDF上田直美、トゥールーズのオナイウ阿道の3人のサッカー選手のニュースに、彼女は輝かしい笑顔と眼鏡をかけて対処しなければなりません。 これにASM松島のラグビー選手を追加する必要があります。 「」ティーンは人気のある選手です。 彼は横浜でプレーして以来、彼自身のファンを持っています。 彼は昨年6月に代表チームに呼ばれ、最も重要なことに、ハットトリックを記録したため、私たちはゆっくりと彼のことを知るようになりました。 日本では海外の選手が注目されています。 海外にいても遊びたいという人が多いです。 日本人は、アドの得点ゴールを見ると、TFCにもっと注意を払うようになった」と語った。

たとえば、アドオナイウアカウント Twitterで約27,000人のフォロワー。 ブレヒト・デヤーゲレ、ブランコ・ヴァン・デン・ブーメン、リース・ヒーリーよりもはるかに優れています。

トゥールーズの街は、日本人によってすでに地図に載せられています。 「2018年のワールドカップ後にディフェンダーの昌子源が到着して以来、トゥールーズを知っています。また、2023年に開催され、日本がスタジアムで2試合を行うラグビーワールドカップにも感謝します。」

彼のプロスポーツ選手との関係は? 「選手たちはヨーロッパで日本人ジャーナリストと出会うのに慣れている。珍しいことではない。フランスに来る前はアドを知らなかったが、彼はいい人だ。試合後、彼に質問したり、彼の気持ちを知ることができる。 かつてマルセイユにいた堺は、日本ではあまり知られていませんでした。 OMのおかげで彼は1人になりました。 アドにも同じことが起こることを願っています。 日本のファンにとってもトゥールーズにとっても良いことだ」と語った。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です