レオ・ベルジェールが日本で表彰台に上がり、世界一

レオ・ベルジェールにとって、2022年は前年のダイナミクスから始まります。 WTCSが今週土曜日に横浜(日本)で再開する前に、世界で3番目に、Boulouris(Var)のIséroisが世界階層での位置を確認します。 同時に、今シーズンは3戦(2021年にハンブルクとアブダビが開催)を経て、一時的に世界ランキング1位につけています。

https://www.instagram.com/p/Cdh0APgvg65/?igshid=YmMyMTA2M2Y=

最後に、ランニングパートで攻撃したレオ・ベルジェールは、東京オリンピックチャンピオンのブリトン・アレックス・イー(オリンピックではシルバー)とニュージーランド人のヘーデン・ウィルド(オリンピックではブロンズ)の法則に苦しんだ。 ノルウェーのクリスティアン・ブルメンフェルトは欠席し、土曜日に2人がこの順番でランク付けされました。 24歳のロンドン市民にとって2度目のキャリア勝利。

エマロンバルディの有望な初演

力強くスタートしたトリコロール側では、ブルースのリーダー、バンサン・ルイが途中でリタイアを余儀なくされた。 レオ・ベルジェール(優勝者から29インチ)のトップ10に、ピエール・ル・コレ(5位48インチ)とエシロル・ドリアン・コナン(6位56インチ)の2人のフランス人が加わりました。 リーズでの次のステージに向けた良いスタート(英国、6月11日)。

https://www.instagram.com/p/Cdhb86xAVGX/?igshid=YmMyMTA2M2Y=

横浜での英国ダブル、副オリンピックチャンピオンのジョージアテイラーブラウンが女子イベントで優勝。 バミューダオリンピックチャンピオンのフローラダフィーは3位です。 2人の女性の間で、フランスのレオニーペリオは、東京で5位、WTCSで2番目の表彰台を獲得しています。 サボイのエマロンバルディ(2021年にヴァルスデュドーフィネオリンピックと世界チャンピオンの希望でライセンス供与された)は、WTCSシニアでの彼女の最初の非常に良い4位フィニッシュに注意してください。 CassandreBeaugrandとIséroiseLéaConinxはあきらめました。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です