レバノンの司法当局から質問を受けた元ルノーのボス

レバノンの司法の前のゴーン。 「イマド・カバラン裁判官は、彼の弁護士の面前での赤い通知についてカルロス・ゴーンに質問した」と、正義の情報筋は匿名を条件にAFPに語った。 レバノンは5月初旬にインターポールから赤い通知を受け取り、関係当局に対し、引き渡しやその他の法的措置の可能性に先立って個人を暫定的に逮捕するよう要請しました。

この発表は、会社資産の不正流用、信託の乱用、組織的なマネーロンダリングおよび受動的腐敗の調査の中で、ルノーと日産の自動車同盟の元上司に対して4月にフランスの裁判所が発行した国際逮捕状に続くものです。 2019年後半に日本からの信じられないほどの脱出以来レバノンに住んでいた元ビジネスマンは、その後解放されました。

フランスに送られたゴーンの答え

レッド・ノーティスに記載された容疑に関する尋問中に尋ねられた質問は、情報筋が続けた。 彼女によると、レバノンはすでにカルロスゴーンの回答をフランスの司法当局に送信しています。 同じ情報筋によると、レバノンはまた、カルロスゴーンに対するすべての証拠を転送して、レバノンの司法当局がベイルートで裁判を受けることができるかどうかを判断できるようにするようフランスに要請した。

レバノン人、フランス人、ブラジル人の国民がいるカルロスゴーンは、日産の指揮を執っていたときに、金融横領の疑いで東京で裁判にかけられる予定でした。 2019年12月に日本を逃れて以来、カルロスゴーンはレバノンを離れることができませんでした。レバノンは国民を引き渡さず、すでに渡航禁止令を課しています。 国際逮捕状が執行された場合、元最高経営責任者はフランスのナンテールの捜査裁判官の前に連れて行かれ、裁判官は彼の容疑を知らせます。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です