レビュー Vol.1 Sanctuary – 完全版 – 漫画

武論尊と池上良一は尊敬されるアーティストであり、現在も活動を続ける時代の真の偉人です。 ただし、フランス語の漫画ニュースでの存在はそれほど頻繁ではないため、それらにリンクされている各出版物は小さなイベントです. そのため、Glénat がタンデムによる共同作業をリリースすることで過去の不当な扱いを行う場合、待機は避けられません。

1990 年にビッグ コミック スーペリア マガジンで最初に発行された、合計 14 巻のサンクチュアリには、非常に特別な物語があります。 1996 年に Glénat はこの作品の出版を試みましたが、第 2 巻以降は進展せず、出版が終了するかなり前に中止されました。 カブトが権利を引き継ぎ、単巻とボックスセットの両方で作品を出版したのは2004年のことでした. しかし、家には向いていない物語は、このサンクチュアリへの扉の下に鍵を置き、すぐに利用できないタイトルのページを通過します。 2022 年、Glénat は、稲垣理一郎が書いた最新シリーズである Trillion Game で池上良一の復活を使用して、以前の過ちを修正します。 したがって、Sanctuary は、ツートン カラーのページを特徴とする、合計 6 冊の大判ボリュームを意図した、より権威のある形式で戻ってきます。 このソーシャル スリラーをヤクザ環境で脚光を浴びる素晴らしいイニシアチブです。

武論尊と池上の作品では、若き北条は有力な一族に属する野心的なヤクザである。 冷酷な政治家を無意識に撮った不倫の写真で恐喝しようとしたとき、彼は途中でこの副参謀長で手ごわい浅見に出会う。 しかし、政治家のさくらが知らないこと、そして彼を震え上がらせていることは、北条と麻美が敵ではないということです. 長年の同志として、彼らは約束を果たすために一緒に行動します。それは、武器と手段を組み合わせて社会に影響を与えることです。 異なるバックグラウンドを持つ 2 人の意欲的で若いパーソナリティが、この高齢化した日本の蟻塚に打撃を与えようとしています。

すぐにマフィアと政治的陰謀に陥るサンクチュアリは、時間を無駄にせず、すぐに巻き込まれる作品です。 カリスマ性を欠いていない野心的なヤクザである威勢のいい北条の犯罪逃走から出発して、物語はすぐに二重の筋書きに陥ります。日本を怒らせ、彼らの「聖域」を作るために。

このかなり単純な基礎に基づいて、ブロンソン(著者の名前は文村翔)と池上良一は、彼らの陰謀、強力な威圧的なシーケンス、シーンに登場するライバルなど、芸術の最高レベルでマフィアの物語を語ります. 挑戦は毎回似ています: この影の世界からの新しい脅威に直面して、Hôjo は勝つために冷静な血と才能を示さなければなりません。 さらに、浅見の政治的台頭がより目立たない、しかし興味をそそる場所を取るのは、何よりも彼の旅です。 つまり、2 つの重なり合うアーク、2 人の主人公の関心は同じです。 2 人のヒーローが共通の目標に到達するまでにはまだ長い道のりがあることを知っているため、フォーミュラはそれ自体を充実させるための十分な時間があります。

そして、この第 1 巻が、巧妙なリズム感で物語を語る著者の熟達と相まって、その多くの陰謀のおかげでサスペンスと興味を欠くことがないなら、ページを通して構築される社会的言説に感謝します. . 北条氏と浅見氏にとって、それは反革命者を演じることだけではなく、日本のひねくれた権力の老化を指摘することでもある。 このアイデアは当時強力であり、現在でも特定の点で関連性があります。 高齢者が若者の将来を決定するのは常に非常に遅れている時代であり、2 人の主人公の野望がいつ実現するのか、興味をそそられずにはいられません。 彼らの聖域が私たちのものでもあるとしたら?

最後に、池上良一の傷ついた美学に直面して喜びを口にするのは難しい。 学校全体の真の姿であり、リアリズムを求める彼の手足は何千人もの間で認識されており、これはマフィアが政府に逆らう社会的スリラーで印象的な効果を発揮します. 黒い雰囲気と明るいフェーズが彼のラインの下で良い全体を形成しています. タイトルは30年以上前のものですが、それほど古びていません。 日付が記入された 2 色のページだけが、本の年代を証明しています。 残りについては、2022 年と 90 年代の両方でサンクチュアリに飛び込みます。

出版側では、Glénat は分厚い本の美しいコピーを、薄いが正直な紙で、しっかりと調整された Hinoko のサイン入りのレタリングと、筋書きとその雰囲気に完全に一致する Elena Faure による翻訳を提供します。 14.95 ユーロという価格は、読むのに時間がかかるボリュームであり、非常に興味をそそるストーリーとしては妥当な価格に思えます。

Adachi Akira

「音楽愛好家。Twitterオタク。旅行のスペシャリスト。アマチュアの内向性。プロのコーヒー狂信者。ベーコン愛好家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。