レビューVol.5怪獣8号-マンガ

他人を守り敵を倒すために本性を明かすことを余儀なくされた闘争の後、カフカは必然的に国防軍にさらされた。 彼らに捕らえられた彼は、篠宮功監督の手によって処刑されるのを待つことになった。 しかし、娘のキコルの嘆願、怪獣8号の観察、そして彼が戦った戦いを考えると、イサオは決闘を通して私たちのヒーローをテストすることに熱心であるようです。 ですから、カフカは怪獣2号の力を持っている監督に対して自分の力をコントロールし続けなければなりません…

第4巻は確かに国防軍による怪獣8号の正体の発見で重要な前進を遂げました、そしてこの第5の仕事の始まりは、カフカが証明することがたくさんある段階です。 :彼は敵ではないだけでなく、彼の中にある怪獣の力を完全にコントロールすることができます。 では、当初の計画通りに実行されるのでしょうか。 それとも、彼はイサオに国防軍で役立つことができると納得させることができるでしょうか? これらの複数の質問への答えが大きなサスペンスを提供できない場合でも(そうでなければ、シリーズはもうありません)、松本直也は、彼の絵としばしば効果的なステージングのおかげで、または特定の方法を通して、活発な会話を維持するためのこの贈り物を常に持っていますいくつかの効果的なねじれと緊張の瞬間によって支配されるリズム感。 ここでの焦点は、カフカが怪獣#2の力に直面して彼の体のコントロールを維持するのが難しいことです。そのため、監督はひどく損傷し、複数のキャラクターが彼の生存を恐れています。 、娘のキコルから。 しかし、ミナへの約束を果たさないことを拒否し続けるカフカと、悲しいことにキコルを返したくないカフカとの間で、作者が彼のキャラクター、彼らの価値観、彼らの夢と目標に与え続けている注意も覚えています。まだまだ性格が強く、決闘の最後にはさらに強くなりたいというキコルは、甘やかしたくないという理由で。 最後に、このフェーズ全体で、特にミナが子供の頃に経験したドラマについて(そしてカフカが約束を守る理由を部分的に説明している)、または怪獣によって引き起こされた悲劇的な災害についてさえ、いくつかの追加の詳細を提供することができます。 610年前。

しかし、エンリッチメントの面では、間違いなく残りの部分で最大のものが見つかります。これは、新しいフレームワーク、日本で最も強力なユニットであると信じられ、司令官が率いる第1国防軍ユニットの発見を紹介します。反怪獣軍の最強の戦闘機に他ならない青年、鳴海源…それは彼がかなり特別な性格を持っていることを止めません。 彼は怠惰なオタクとして外れることができる一方で、彼の電子評判を心配し、自信を持って、すべて(会議を含む)について気を悪くすることができますが、地上での彼の真の力は、彼が提供した優遇措置を正当化するようです(私たちは彼の嫌悪感を許します)。 ただ、彼のやや独創的な側面とパフォーマンスによる罵倒の仕方は、彼のユニットの新参者と完全に互換性があるだけでしょうか?

もちろん、マンガカはこのインストールフェーズを実行に移します。これはギャロップですぐに戻り、効果を維持します。カフカに依然として重くのしかかる脅威と、キコルがまだ非常に悪いことを示す最後のページを考えると、なおさらです。 そのため、到着すると、そのボリュームは効果的にその役割を果たします。リズムやプロットを犠牲にすることなく、新しいものがそこに定着します。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です