レポート-東京からトヨタへ:ブルースの軌跡について

日本のブルースの日常生活はどうですか? ここで数分間一緒に過ごすことをお勧めします。 というか、彼らの足跡をたどって…

この日、私たちは空気と新鮮さを求めました。 東京の大きな郊外の日陰とシャイニングアーク(元リョニアンリアムギル、元クレルモントワグレイグレイドロー、または「ウォキスメ」イズラエルフォラウの偉大な高位聖職者のチーム)の床で36度だったに違いありません。青い血と水。 傍観者から彼らを見て、ファビアン・ガルティエが一週間を通して体が毛むくじゃらを失っていることを繰り返していたことを考えると、かつては決まり文句はかなり公平に聞こえたと自分自身に言い聞かせました。3〜4リットルの水」 セッションごと。

いつものように忙しいトリコロールチームのメンバーを紹介しました。彼らはどのように生き残るのですか 彼は私たちにやや慎重に答えました:あなたはあなたより20歳年下です。 そして、それは少し彼女の仕事です! トリコロールがその致命的な夏の間に非常に異なる方法で実践した職業は、彼らの名前がサタンの太陽の下で鋭いルイ・カルボネルであるか、レミ・ピケット(2mと122kg)であるかによって異なります。 「」自分、 ペアト・モーヴァカは数時間後に教えてくれます、私はヌメアに15年ほど住んでいますが、その時は嫌いです。 東京では2段の階段を上り、汗をかき、肌がベタベタし、とても不快です。 だから私は1日に5回シャワーを浴びます…」

高炉から脱出するために、私たちはシャイニングアークトレーニングセンターを出て、フランスのXVを彼らのブロックであるコンラッドホテルにたどり着きました。ダイヤモンド、またはグラスあたり約50ボール。 それにもかかわらず、コンラッドの頂上には対応する痛みがあり、宮殿の28階では、打撃は熾烈でした。州都の建物と建築家があちこちに作成した広大な公園の鳥瞰図です。 、都市の保護区、それは、ウィル・スケルトンの胸よりも大きな幹を持つ樟脳の木が何年も前から存在していたからです…

シルクからヤリスまで…

東京でも、この「ビス」フランスチームのツアーでの熱意に何度か驚かされました。各記者会見で数十人の日本人ジャーナリストを動員し、25,000人の人々をトヨタシティスタジアムに引き付けました。新幹線は、アルビノウェルスのように見え、平均時速380kmで日本列島を横断します。 豊田市? 正直なところ、45万の都市は、東京の狂気を彷彿とさせるが、魅力的ではない、「ソビエトブロック」スタイルの建物とほぼ新しい高層ビルの奇妙なコレクションの印象を最終的に残しました…

1959年まで、豊田市は実際にはコロモと呼ばれ、絹の生産と輸出で繁栄していました。 布の値段が下がると、コロモはそれを手に入れ、肌を守り、産業を多様化するために、豊田喜一郎という若い地元の人が町の近くに小さな自動車工場を設立しました。 現在はトヨタグループに改称し、年間売上高は2400億ドル、従業員数は全世界で40万人。 ベルナール・ルメートル、モヘド・アルトラッド、ハンスペーター・ワイルド、私たちの小さな世界で最も強力なシュガー・パパを非常に謙虚な食料雑貨店に渡すのに十分です。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。