レーザーを介して地球と通信する衛星:宇宙を征服するというソニーのアイデア

日本の巨人は、衛星がレーザーを使用して相互に、そして地球と通信できるようにすることを目的とした、新しい子会社であるソニースペースコミュニケーションズの設立を発表したばかりです。 会社が知っているテクノロジーを内外でリサイクルする方法。

StarLink、OneWeb、さらにはAmazonに続いて、ソニーは衛星インターネットに参入しています。 プレスリリースで、日本企業はソニースペースコミュニケーションズ(SSC)と呼ばれる新しい子会社の設立を発表しました。 彼の野心? 低軌道通信衛星を装備するための通信モジュールの製造および販売。

12,000の衛星がすでに頭上に浮かんでおり、さまざまな星座プロジェクトによって、今後数年間でその数が増えるでしょう。 ソニーによれば、これは問題です。電磁スペクトルの混雑を恐れる必要があります。 「将来、宇宙にある衛星の数は増えるでしょう。 また、軌道上で消費されるデータの量も毎年増加しています…しかし、電波は無制限ではありません。」 新会社の岩本恭平社長は語った。

彼はまた別の懸念についても言及しています。 「低軌道衛星は地球と通信する必要があるため、リアルタイム通信には地球上の多数のステーションが不可欠です。これらの衛星はステーションと直接通信する必要があるため、問題があります。 »»

電波の代替としてのレーザー

SSCは、これらの微妙な問題に対する解決策を持っています。別の技術を使用するために電波を完全に放棄します。光、より正確にはレーザーで、衛星間と地球の両方との通信を確保します。

同社は自社の艦隊を配備したいとは思わず、代わりにコンステレーションを配備したい企業に自社のテクノロジーを売り込んでいます。 スペクトルを使用しないことは別として、ソニーの技術には別の利点があります。強力なアンテナがなく、エネルギー消費が少ないため、はるかにコンパクトな衛星を配備できます。 軽量の衛星…したがって、軌道に送るのが簡単で、安価です。

テクノロジーウォッチのリサイクル

レーザー、ソニーはそれを心から知っています。 日本のグループは、実際には、数十年にわたって習得してきたノウハウ、つまりCD /DVDプレーヤーと現在のBlu-Rayを装備した古き良きレーザーモジュールの恩恵を受けています。 彼がここで使用したい技術は、送信機と受信機の間の距離が数ミリメートルから数百キロメートルの範囲であるという1つの小さな詳細を除いて、実際に非常に近いものです。

いずれにせよ、Sonyはそのソリューションが機能することをすでに証明しています。 2020年、宇宙航空研究開発機構(Jaxa)との提携により、同社は、古き良き光学技術のオーバーホールされたバージョンに基づいて、国際宇宙ステーションへの最初の双方向イーサネット接続を開始しました。 SOLISSプロジェクト(例: 国際宇宙ステーション用の小さな光リンク)このようにして、地球から400kmの軌道にあるステーションから100Mbit/sの速度で高解像度の写真をダウンロードすることが可能になりました。

高速レーザー通信に取り組んでいるのは日本企業だけではありません。 Elon Muskも敷地内にあります。彼の最新のStarlink衛星も、相互に通信するためのレーザーリンクの恩恵を受けています。 それらは彼らが地上局の使用を最小にすることを可能にします。 現在の困難にもかかわらず、OneWebは統合も検討します。

ソース :

ソニー

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。