ロシアの工場は2023年初頭まで再開されません

ブログのオートザップ MG ZS EVテスト

日産、サンクトペテルブルクでの生産停止を延長

「サンクトペテルブルクでの生産は12月末まで停止されており、従業員には通知されています。 引き続き状況を注意深く監視し、必要な措置を講じる」と日産の広報担当者は語った。

2月末にロシアがウクライナに侵攻した後、この工場の活動は昨年3月に停止された。 再開は当初、9月末に予定されていました。 日産はそこでキャシュカイ、エクストレイル、ムラーノのSUVを組み立てている。

供給困難

日本経済新聞によると、欧州と日本からの部品調達が継続的に困難なため、日産工場の操業停止が延長された。 実際、ロシアに対して取られた措置は、サプライチェーンに重大な困難を引き起こしています。

ロシア人によると、日産は「威厳をもって」行動している。

6 月、サンクトペテルブルクのアレクサンダー ベグロフ知事は、工場の所有者は非常に尊厳を持って行動したと述べました。 「彼らは平均賃金の少なくとも 3 分の 2 を従業員に支払っています。 個人的な要請がない限り、誰も解雇されない」と述べた。

私たちの意見、leblogauto.com から

6月、共同メディアは活動停止が2022年10月まで続く可能性があると述べた。 当初、工場は早くても4月30日まで操業を再開しないと述べられていたが、開始日は数回続けて調整された. 2023 年初頭の回復はまだ「達成」されていません。特に需要が崩壊しているためです。

出典: 日産、ロイター、コマーサント

要約する

日産は、ロシアのサンクトペテルブルクにある組立工場の操業停止を 3 か月延長します。
当初は 9 月下旬に予定されていましたが、現在、復旧は 12 月下旬に予定されています。
新しい決定によって締め切りがさらに延期されない限り…
日産はそこでキャシュカイ、エクストレイル、ムラーノのSUVを組み立てている。

Taguchi Eiji

「作家。音楽の専門家。コーヒー中毒者。インターネット愛好家。フリーランスのベーコン狂信者。ウェブの専門家。Twitterの学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。