ロシアは日本の首相の領土を否定している

ロシアは5月4日水曜日、岸田文雄首相を含む60人以上の日本の当局者が、ウクライナでの攻撃に対して日本がモスクワに課した制裁に対する報復としてその領土に入ることを禁止した。

「」恒久的な禁止が決定されましたロシア外務省の声明によると、63人の日本人がロシアに入国することになっている。 このリストには、大臣、議員、ビジネスマン、メディアマネージャー、大学教授も含まれています。 岸田文雄政権前例のない反ロシアキャンペーンを開始し、誹謗中傷や直接の脅威を含む、ロシア連邦に対する容認できないレトリックを可能にする‘ロシアの省は言います。

モスクワは東京がそれを取ったと非難する良好な隣人関係を解体し、ロシア経済と我が国の国際的イメージを損なうことを目的とした実際的な措置「。ロシアはまた、それは「高位の指導者を含むロシア国民に日本政府が課した個人的制裁“。

「国際法の明らかな違反」

バチカンとローマを訪れ、教皇フランシスコとイタリア人のマリオ・ドラギに会った岸田文雄は、ロシアの決定を「受け入れられない»、彼の旅に同行する日本のジャーナリストの前で。 「」中露関係をこのレベルに引き上げたのはロシアだった。 それでもロシアはこの種の発表をしました。 受け入れられない彼は、ロシアの行動を「国際法の明らかな違反“。

複雑な日露関係は、ロシアがウクライナで攻撃を開始して以来、日本がモスクワに対する西側の制裁に参加しているため、深刻に悪化している。 東京はまた、4月初旬にロシアの石炭の輸入を停止し、ロシアの極東のサハリン近郊でのオフショア石油およびガスプロジェクトに引き続き関与することを決定した。 そして4月以来、2003年以来初めて、日本は再び群島の北にある4つの小さな島、千島列島を「不法占拠ロシアによる、第二次世界大戦の終わり以来、両国間の平和条約の署名を妨げてきた領土紛争。

関連項目 -太平洋の緊張:ロシアは日本海でミサイルを発射します


関連項目 -ロシアとウクライナの危機:日本はヨーロッパにガスを供給する

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。