ワンパンマン:ジャスティン・リンが有名な日本のアニメの適応を監督します

『ワイルド・スピード』第10話の制作を終えてから約2か月後、ジャスティン・リン監督が日本の漫画 『ワンパンマン』の実写化を指揮するように任命されたと、アメリカン・デッドラインは報じています。

拳一本、それだけです! 芸術的な意見の不一致のために、ワイルドスピードシリーズの第10作で制作を終えてから、2か月後、主に俳優のヴィンディーゼルに与えられた脚本の書き直しをめぐって、監督のジャスティンリンがライブアクションの指揮を執っています。アメリカ側によると、漫画「ワンパンマン」 ミーティング

2009年に日本人アーティストが自称して制作 1 ワンパンマンは、オンラインマンガの形で、近年最も人気のある日本のアニメの1つとしての地位を確立しています。 物語は、巨大なカニを倒すことに成功した後、スーパーヒーローになるために3年間(髪を失うほど)訓練することを決心した、落ち込んで目的のない若い男、埼玉の冒険に続きます。 彼はなんとか1回のパンチで敵を攻撃する能力を発達させました。

同じくプロデュースするジャスティン・リンと一緒に、スコット・ローゼンバーグとジェフ・ピンクナーが映画を書きます。 現時点では、キャスティングや放送日に関する情報は発表されていません。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。