ワンピース:マンガの現象は終わりに近づいています-ウェブ上のすべてのマルティニークのニュース

25年と世界中で4億9000万部が販売された後、マンガ現象ワンピースは最終段階に入っています、その著者、日本の尾田栄一郎は火曜日に発表しました。

現在、封建的な日本中心の和野佐賀に焦点を当てている漫画は、6月下旬から1か月間一時停止され、7月25日に再開されます。

新しいページは通常、集英社の人気漫画週刊少年ジャンプで毎週月曜日に日本で公開されます。

「(ワンピース編の)構造を再設計して、最後の章をできるだけ早く完成させたい。 だから…すみませんが、準備のために少し休憩しています!」尾田栄一郎は漫画チームの公式少年ジャンプTwitterアカウントに投稿された手書きのメッセージで説明しました。

「私たちは数週間情報を入手しましたが、それが日本側で公式になるのを待っていました」と、世界第2位のマンガ市場であるフランスのシリーズ出版社であるAFPGlénatは確認しました。

1997年に日本で第1巻が出版されて以来、すべての海賊、とりわけシリーズのヒーローであるモンキー・D・ルフィの切望された宝物であるワンピースの狩りは、現在100巻以上を記録しています。

麦わら帽子の海賊の冒険は、全世界を魅了することをやめません。漫画はまた、世界で最も人気のあるアニメシリーズの1つとしての地位を確立しています。

尾田栄一郎(47)は、「1人の作家が出版した同じ漫画のコピー数が最も多い」部門で「ギネス世界記録」を受賞しました。

ワンピースユニバースから適応されたシリーズの次のリリースを準備しているストリーミングプラットフォームNetflixは、リリース日を明らかにすることなく、月曜日にその適応の最初の画像を公開しました。

ワンピースとは異なり、完成したと見なされる別のカルト漫画が最終的にサービスを再開します。 これはケンターのベルセルクですか? 日本の漫画家である三浦は、5月上旬に54歳で希少疾患で亡くなりました。

彼の親友である森恒二氏は、白泉社出版の支援を受けて仕事を続けると、火曜日にツイッターで発表された声明の中で述べた。

「三浦さんが教えてくれたエピソードだけを書きます。 私は逸脱しません。 はっきり覚えていないエピソードは書きません。 三浦が私に説明したセリフとストーリーだけを書きます」と彼は書いた。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です