一般的な政治的言説、時には危険な運動

エリザベット・ボルネが水曜日に議会で待つという一般的な方針の声明は、首相が彼のプログラムを提示し、彼のスタイルを確認することを可能にします。

過去には、1969年に「新しい社会」を構想したジャック・シャバン・デルマスや、1988年にマーティン・ルーサー・キングを模倣したミシェル・ロカールなど、その輝きが強調されたテストに合格した人もいます。 「私たちが再び話し合う場所を実現する」という国の夢。

憲法第49-1条に基づく原則声明の後に、MPに信任投票を求めることは必須ではありません。 たとえば、右側のモーリス・クーヴ・ド・マービル(1968)と左側のミシェル・ロカール(1988)、エディット・クレッソン(1991)、ピエール・ベレゴボイ(1992)は、議会前の一般政策に対する政府の責任を受け入れませんでした。 エリザベット・ボルネは水曜日にもそれをしません。

以前のポリシーステートメントのいくつかのリマインダーは次のとおりです。

ピエール・モーロイ首相は、1981年7月8日にパリで開催された国会に彼の一般的な政策声明を発表しました(AFP/アーカイブ-GeorgesGOBET)

-1981年:フランソワ・ミッテランの初代首相である社会主義者のピエール・モーロワは、ジョレスとブルームに「変化」を強制的に発表し、フランスが「新しい世界秩序のために戦う」と約束するよう促します。

-1984年:緊縮財政の元請業者であるローラン・ファビウスは、日本の例を挙げて、経済の近代化の緊急性を強調しました。

-1986年:最初の同棲を開始したジャック・シラクは、ボーマルシェを引用します。「成功することの難しさは、何かをする必要性を強めるだけです」。

-1988年:叙情的なミシェル・ロカールは「新しい希望」を呼吸するつもりであり、「壊れた郵便受け」と「壊れたエレベーター」を考えるまで彼の「夢」を説明します。

-1991年:マチニョンに任命された最初の女性であるエディット・クレッソンは、抽象的すぎると考えられていた内容に納得のいくように、「大胆さ」と「自発性」でスピーチを盛り上げました。 彼女の声は薄すぎると考えられているため、彼女は侮辱され、嘲笑されています。 「私は合意された演説をした」と彼女は後に言った、「私が言いたかったことは確かに批判されるだろう」。

-1992年:ピエール・ベレゴボイは、腐敗の惨劇を非難するために、葉を振って、「私はここにあなたに話すことができる可能性のある人格のリストを持っています…」と言い、右側の抗議とトリガーの中断を引き起こしますセッション。

-1993年:エドゥアール・バラデュールがほぼ1時間45分話し、マルクス・アウレレが経済危機について引用しました。 長すぎる、MPは絶望します。

-1995年:アラン・ジュペは「結果によって判断されることに賭けている」が、技術的すぎると考えられていた。

-1997年:同居政府の長であるリオネル・ジョスパンは、「共和国」、「民主主義」、「国家」という言葉を打ち出しました。 「あいまいすぎる」と批評家は言う。

ジャン=ピエール・ラファリン首相は、2002年7月3日、パリのブルボン宮殿の半サイクルで彼の一般的な政策声明を発表しました(AFP /アーカイブ-ジャック・ゲス)
ジャン=ピエール・ラファリン首相は、2002年7月3日、パリのブルボン宮殿の半サイクルで彼の一般的な政策声明を発表しました(AFP /アーカイブ-ジャック・ゲス)

-2002年:ジャン=ピエール・ラファリンは新しいレベルの地方分権化を導入しましたが、「ラファリナード」に道を譲りました:「私たちの道はまっすぐですが、傾斜は急です」。

-2005年:ドミニク・ド・ヴィルパンは叙情的で華やかで、一部の人が言うように、「フランスを再開したい」と言っています。

-2012年:ジャン=マルク・エローは長すぎて(1:30)、社会主義のMEPが具合が悪いときにやめなければなりません。 彼は、外国人が行われていない地方選挙に投票する権利と同性愛者の結婚の権利を発表しました。

-2014年:4月、マニュエルヴァルスは、反抗的な社会主義議員の非常に警戒された目で、ビジネスとの関係を宣言しました。 9月に彼は同じ運動で比較的過半数を達成しただけでした。

-2019年:エドゥアールフィリップが2017年に政権を握ったときに自信を表明した後、この演習に参加するのは2回目です。 無投票数は1959年以来最低ですが、棄権は記録です。

-2020年:MPの聴衆がCovid-19にマスクされる前に、ジャン・カステックスは年金改革を擁護し、「領土を再武装させる」という彼の願望を表明します。これは25回繰り返された言葉です。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。