三菱パワーは、チュニジアの発電容量の 10% に貢献する STEG Rades “C” 発電所の建設が完了したことを発表します。

  • 三菱パワーが率いるコンソーシアムは、住友商事と提携し、同国で最も効率的な発電所であるチュニジアのラデス「C」複合サイクル発電所の落成式を祝った
  • Radès “C” は 450 メガワット (MW) の電力をチュニジアの全国送電網に供給し、それによって国の経済発展と増大するエネルギー需要を支えます。
  • 三菱パワーは、電力供給を確保し、グリッドの信頼性と可用性を向上させるために、高度な機器と保守サービスを提供しました。

三菱重工業の電動ソリューションブランド「三菱パワー」。 (MHI) は、チュニジア電力・ガス会社 (STEG) が所有するチュニジアのラデス「C」複合サイクル発電所の試運転を発表した。

高効率の 450 MW 発電所は、三菱パワーとそのパートナーである住友商事が率いるコンソーシアムによって開発され、チュニジアの電力容量を増やし、安定した電力供給を確保して同国の持続可能な経済の進展を加速させます。

チュニジアの首都から約 10 km 東に位置するラデス「C」は、現在の設備容量の約 10% を供給し、国内で最も効率的なプラントになります。

2022 年 8 月 26 日のコンソーシアムのメンバーとの会議で、STEG の CEO である Hichem Anene 氏は次のように述べています。今後数十年間のチュニジアの成長。 三菱パワーとすべてのコンソーシアム パートナーに感謝の意を表したいと思います。この主要なプロジェクトは、チュニジア全土で増大するエネルギー需要を満たすのに役立ち、最先端のソリューションと水素、炭素回収などの脱炭素化技術によってエネルギー移行を進めることを目的としています。そしてエネルギー貯蔵。 三菱パワーとのパートナーシップを拡大し、持続可能で脱炭素化されたエネルギーの未来に向けたチュニジアの旅に乗り出すことができることを嬉しく思います。 Peak Radès「C」発電所は、国の環境目標を満たし、最小限の変更で簡単に水素生産に変換できる適合ガスタービン技術のおかげで、CO2 排出量の削減に大きく貢献するように設計されています。 »

「世界で最も近代的で効率的で信頼性の高いガス火力発電所の完成を記念し、チュニジアの発展に貢献するこの歴史的なマイルストーンを祝うために、パートナーと共にここにいることを誇りに思います。 三菱パワー株式会社会長兼CEO、三菱重工エネルギー転換・エネルギーシステム本部副本部長兼シニアフェロー。

川本氏は次のように付け加えました。 STEG は 60 周年を迎えますが、今後数十年にわたって STEG とチュニジアの人々を支持し、先進的なソリューションを通じて国の持続可能な開発目標の追求を支援していきます。 »

このプロジェクトのために、三菱パワーは高効率M701Fガスタービン、蒸気タービン、排熱回収蒸気発生器(HRSG)、および技術コンサルタントと監督者のチームを現場で提供し、建設と試運転段階をサポートしました。 さらに、三菱パワーは TOMONI HUB との長期サービス契約 (LTSA) に基づいて、発電所のメンテナンスで STEG をサポートし、365 日 24 時間の継続的な監視を可能にします。

一方、コンソーシアムのパートナーである住友商事は、プラントの残りの設備を供給し、土木工事と設置を請け負いました。

このプロジェクトは、日本政府の質の高いインフラストラクチャ パートナーシップ イニシアチブの下で、国際協力機構 (JICA) が組織した日本の政府開発援助 (ODA) によって資金提供されました。

Radès「C」プロジェクトでは、地元のコンテンツ、材料、資源、設備を使用した結果、プロジェクトの開発と建設中に、約 70 人の常勤雇用と追加の 2,000 人の雇用が創出されました。

三菱パワーはチュニジアに 40 年間存在してきました。この旅は、ラデス「C」と同じ場所にある 340 MW の容量を持つラデス「A」発電所の STEG とのプロジェクトから始まりました。ガスと燃料油を動力源とするボイラーと蒸気タービンの形での発電ソリューション。 Rades “A” 発電所は、1985 年以来、チュニジアの送電網に電力を供給しています。

Okura Sho

「誇り高きフードマニア。受賞歴のある探検家。情熱的な旅行忍者。ソーシャルメディアの伝道者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。