世界で人気のない中国

アメリカのシンクタンクPewによると、中国の不人気は日本(87%)、オーストラリア(86%)、スウェーデン(83%)でも記録的なレベルに近い。

19カ国で実施された調査は、中国のイメージが近年悪化していることを示しました。 懸念は、彼の成長する軍事力と経済力、彼の人権慣行、およびCovid-19パンデミックの起源についての質問を中心に展開しています。

この調査によると、アメリカ人(82%)、韓国人(80%)、ドイツ人(74%)、カナダ人(74%)の記録的な割合が中国に対して否定的な意見を持っています。 中国の不人気は、日本(87%)、オーストラリア(86%)、スウェーデン(83%)でも高くなっています。 フランス人はまた、2008年に設定された記録的な72%から、68%で北京に対して否定的な見方をしています。

米国のTHAAKミサイル防衛システムの設置に続いて北京が2017年にソウルに対する経済的報復を開始した後、中国の評判は韓国で特にひどく損なわれました。

中国の通信大手Huaweiを除外した後、北京はオーストラリアにも経済制裁を課しました。オーストラリアでは、オーストラリア海域近くで中国のスパイ船が発見された後、中国に対する懸念が高まっています。

回答者の50%が否定的な意見を持っていたギリシャのように、中国がより良い関係を持っている国では、中国のイメージは曇っています。 同様に、肯定的な意見と否定的な意見がほぼ等しいイスラエルでは、ほとんどの回答者が経済的つながりを優先することを望んでいました。 この調査では、2月14日から6月3日までの間に調査された24,525人の成人の回答を調べました。

オーストラリアでは、Lowy Instituteが、2019年後半のCovid-19パンデミックの開始以来、オーストラリア人の中国に対する見方が大幅に悪化していることを発見しました。 回答者の12%は、中国が世界情勢において責任を持って行動することを信頼していると述べています。 2018年には、オーストラリア人の52%が中国を信頼していると述べています。

全体として、オーストラリア人の75%は、中国が今後20年間で自国に対する軍事的脅威になる可能性が高いと考えており、これは過去最高の数であり、2018年の46%から増加しています。

LowyInstituteの世論および外交政策プログラムのディレクターであるNatashaKassamは、調査はオーストラリア人が 「その地域で何が起こっているのか、とても怖くて心配していました。」

米国が台湾の問題に関係なく中国との戦争に行くことを決定した場合、オーストラリア人の大多数は中立を維持することを選択すると述べた。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。