世界の日から1か月後、女性の健康に対する権利は依然として圧力にさらされています。

2022年5月28日は、世界月経衛生の日としても知られる、女性の健康のための世界的な行動の日でした。 最近の出来事に照らして、FOは、仕事の世界においても、健康への権利を含む女性の基本的権利へのコミットメントを再確認します。

FOはまた、ウクライナで進行中の紛争に関連した戦争の武器としての性的暴力の存在に対する彼の落胆を表明している。 FOは、この暴力の犠牲者のために、心理的なものを含む専門的な支援サービスの確立を求めています。 FOはまた、ウクライナでの紛争から逃れる女性と少女の人身売買のリスクを懸念しており、違法労働と闘うための新しい計画2022-2024でこのリスクを十分に検討するよう求めています。

さらに、FOは、女性が自分の体を自由に処分する権利に反対するヨーロッパと世界の後退を非難します。 FOは、欧州労働組合連合(ETUC)とともに、生殖および性的健康サービスに関連する女性と少女の基本的権利の保証と、ヨーロッパ全体での妊娠中絶の権利の尊重を求めています。 実際、FOは、ヨーロッパ、ポーランド、マルタ、そして世界中、特に中絶の権利が強く問われている大西洋全体のこの地域での反発を懸念しています。

労働組合は、特に低賃金部門において、妊婦の健康と安全の観点から、またはインクルージョンと雇用へのアクセスの観点からの結果を恐れています。 FOはまた、特に中絶薬に関して、この議論が特定の外国で製造された医薬品または有効成分へのアクセスに与える可能性のある影響について懸念しています。

しかし、FOは、フランスや英国の企業レベルで時折実施されるなど、女性の健康に対する権利を擁護することを目的とした新しい考え方に注目しています。

FOは、女性と男性は自由で平等に生まれ、仕事の世界におけるすべての不平等と差別を終わらせる時が来たことを思い出させます。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。