世界サッカーのベテラン、三浦が55歳近くで帰国

日本のサッカースター、三浦知良は55歳近くで、日本の第4部の2つのクラブに切望されているため、すぐにフィールドに戻ると、地元のマスコミが日曜日に明らかにした。

「キングカズ」の愛称で呼ばれる三浦知良は、現在大阪でトレーニングを行っており、60歳になるまでプレーしたいと考えています。 日刊スポーツの日刊紙によると、彼は2つのJFL(日本サッカーリーグ)クラブ、日本第4部、兄と高知ユナイテッドが運営する鈴鹿ポイントゲッターズから連絡を受けています。

「私にはまだ情熱があります。 上り坂でプレーできる明確なビジョンを持ったクラブが欲しい」と語った。 昨年、三浦は今シーズン復帰する横浜FCのJリーグ(D1)でプレーすることで、日本最古のサッカー選手としての記録をすでに伸ばしていた。 しかし、彼は1分しかプレーせず、チームはリーグで最後に終了しました(降格なし)。

ブラジル、イタリア、クロアチアへの旅行

1990年代で最も人気のあるアジアの選手の1人と見なされている三浦は、2月26日に55歳になり、1986年にブラジルのクラブサントスでプロとしてのキャリアを開始しました。 彼はまた、ジェノア(セリエA)、クロアチアザグレブ、FCシドニーを運び、853試合で222得点を挙げました。

日本の89の選択で55のゴールの著者であるにもかかわらず、彼は1998年にフランスで最初のワールドカップをプレーした側から解雇されました。 彼はまた、45歳で2012年に全国のインドアフットボール選手になったという事実で自分自身を慰めました。

AFPを使用したMathieuIdiart RMCスポーツジャーナリスト

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。