世界中の大学がG7に学問の自由を擁護するよう呼びかけています

年次総会で、大学の学長の国際協会であるU7 +アライアンスは、科学者が国内の政治的干渉を受けずに国際的に仕事を遂行できるようにするために、グループオブセブン(G7)の加盟国に呼びかけました。

「政治的過激主義と二極化の台頭に現れる民主主義の危機は、一部の科学者が個々の科学者として研究と教育において物議を醸すトピックに対処する自由を脅かしています」とU7+同盟の声明は述べています。

この声明はまた、気候変動、公衆衛生、社会的不平等、多様性、移住など、幅広い問題に関する科学的洞察を政策立案者に提供する上で大学が果たすことができる独自の役割を強調しています。

U7 +アライアンスはまた、特に難民の窮状に照らして、平和と開かれた社会の価値を支持するようG7に呼びかけ、人種や別のアイデンティティを区別することなく、逃げるすべての紛争を平等に扱うことを主張しました。

この声明は、ニース・ソフィア大学が主催した今年のU7+アライアンスサミットに続いて発表されました。 次のサミットは、日本の慶應義塾大学での2023年のG7サミットに先立って開催されます。

U7+アライアンスについて

U7 +アライアンスは、多国間でのグローバルプレーヤーとしての大学の役割を構築し、促進することを目的とした大学学長の協会です。 この同盟のメンバーは、彼らの機関の独特の市民的および社会的責任に対抗して自らを測定し、地方、国内または国際的な範囲で共同かつ具体的な措置の実施にコミットします。 U7 +アライアンスには、5大陸19か国から90人を超える大学の学長とリーダーがいます。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。