世界最年長の日本人女性が119歳で亡くなる


u地方自治体によると、現在の最年長者として公式に認められている日本人女性が4月19日に119歳で死亡した。

田中カ子は1903年1月2日に福岡県(南西日本)で生まれました。今年、ライト兄弟は最初の動力飛行に成功し、マリー・キュリーは女性として初めてノーベル賞を受賞しました。

彼女は最近まで比較的健康で、住宅病棟のナーシングホームに住んでいて、ボードゲーム、数学の問題解決、ソーダポップ、チョコレートを楽しんでいました。

田中さんは若い頃、麺屋や餅屋など、いくつかの事業を営んでいました。 彼女は1922年に結婚し、4人の子供をもうけ、5人目の子供を養子にしました。

彼女は2021年の東京オリンピックの車椅子トーチリレーに参加することを計画していましたが、パンデミックのために諦めていました。

2019年にギネスブックが彼に世界最年長の生きている人の称号を授与したとき、彼は彼の人生で最も幸せな瞬間は何であったかを尋ねられました。 彼の答え:「今」。

当時の彼の日課は、午前6時の目覚めの電話と、数学と書道の勉強に費やした午後を含むと説明されていました。

「彼女のお気に入りの娯楽の1つは、オセロのゲームをプレイすることです。彼女はこの古典的なボードゲームのエキスパートになり、しばしば家のスタッフを打ち負かすことができます」とギネスは2019年に書いています。

2021年9月の保健省の最新の推定によると、日本は世界で最も古い人口を抱えており、その居住者の約86,500人が百歳以上の人です。

記録された生年月日でこれまでに生きた最年長の人は、1997年に122歳で亡くなったフランスのジャンヌカルマンでした。

2022-04-25 11:18:14-東京(AFP)-©2022 AFP

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。