世界的なリスクにより、日銀は来年利回り上限を調整できなくなる – 元中央銀行幹部

暴走するインフレに対処するために世界中の中央銀行が利上げを行う中、市場は、日銀がイールドカーブコントロール(YCC)を調整し、来年4月にダビッシュ州の黒田東彦総裁が終了するときに長期金利のさらなる上昇を許容すると推測しています。

最終的には、継続的な緩和のコストが上昇するため、日銀は、マイナスの短期金利目標と 10 年債利回りのゼロ金利上限を組み合わせた YCC を放棄し、短期金利を牽引する政策に戻らなければなりません。ゼロに向かって、ママは言った。

しかし、日銀は来年、米国の景気後退の見通しが強まり、輸出に依存する日本経済に重くのしかかるため、そのような行動をとることを躊躇する可能性が高い、と彼は付け加えた。

「日銀にとっての次の大きな課題は、YCC とマイナス金利を廃止し、ゼロ金利政策に移行することです」と、金融政策の作成経験があり、現場で政策立案者と密接に連絡を取り合っている Momma 氏は述べています。

「日本経済が世界経済の減速による逆風に直面する来年、それは難しいだろう」とMomma氏は語った。 「経済が回復し、賃金が持続的に上昇するかどうかがより明確になる2024年に起こる可能性が高い」と彼はインタビューで付け加えた.

持続的な超低金利が金融機関の収益に打撃を与え、日銀が利回り上限を守るためにたゆまず国債を購入したことで、利回り曲線の形が歪められました。

日銀の政策立案者はこれらの副作用にもっと注意を払い、YCC を最終的に放棄するための土台を築き始める可能性が高い、と Momma 氏は述べた。

YCC を終了することにより、日銀は事前のシグナルを発することはありませんが、利回りの動きが安定するまで柔軟に債券を購入することを提案することで、発表後の市場の混乱を最小限に抑えることができる、と彼は述べました。

日銀はまた、YCC の終了が実際の金融引き締めの始まりではなく、より「通常の」形の金融緩和への段階的な移行であることを明確にするだろう、と Momma は述べた。

そのような政策調整のタイミングは、賃金の見通しと経済の強さに大きく依存すると彼は付け加えた.

「賃金の上昇がインフレの上昇につながるという好循環を日本が経験することは非常に重要です。」民間シンクタンクみずほリサーチ&テクノロジーのシニアエコノミスト。

Adachi Akira

「音楽愛好家。Twitterオタク。旅行のスペシャリスト。アマチュアの内向性。プロのコーヒー狂信者。ベーコン愛好家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です