中国での戦争とCOVIDの制限により、世界の産業の成長は鈍化しました。

水曜日に発表されたビジネス調査によると、フランス、日本、マレーシアなどの多様な経済圏では、過去1か月で生産高の伸びが鈍化し、経済活動を抑制せずにインフレに取り組む際に政策立案者が直面する課題を示しています。

S&Pグローバルのユーロ圏の最終購買担当者指数(PMI)は、4月の55.5から5月には54.6に低下し、2020年11月以来の最低値でしたが、暫定値の54.4をわずかに上回りました。 50を超える数値は、成長を示します。 [EUR/PMIM]

英国では、消費財メーカーが深刻化する生活費危機に取り組んだため、製造業活動は先月の2021年1月以来最も弱いペースで成長しました。

「インフレはビジネスを行うためのコストを押し上げ、消費者の需要を弱めています」とKPMGのサイモン・ジョンソンは述べています。

「ウクライナでの紛争はさらなる供給不足につながり、それはさらに悪化しました。一方、中国でのCOVID-19の制限と、より身近な国境紛争も、英国の製造業に悪影響を及ぼしました。」

民間調査によると、中国の財新/市場製造業のPMIは、4月の46.0からわずかに改善したものの、5月には48.1と再び低下しました。 これらの数値は、火曜日に発表された工場活動に関する公式データと一致しています。

一部の都市ではCOVIDの制限が解除されており、中国の生産量の落ち込みが底を打ったことを示唆しており、アナリストは、新たな流行への懸念が引き続き信頼と需要を圧迫するため、2020年初頭に見られたような急速な回復を期待していません。

「上海で封鎖が終了した後、サプライチェーンと商品の流通の混乱は徐々に緩和される可能性があります。 しかし、中国が政策ゼロ率を完全に放棄していないため、私たちはまだ森から抜け出していない」と述べた。

「インフレの上昇により、一部のアジアの中央銀行は金融政策を引き締めることを余儀なくされています。米国の金利引き上げによる市場のボラティリティのリスクもあります。これらのリスクの層を考えると、アジア経済は年間を通じて低迷し続ける可能性があります。」

中国での配送

中国の封鎖は世界のロジスティクスとサプライチェーンに影響を与えており、日本と韓国はどちらも生産量の急激な減少を報告しています。

PMIの調査によると、5月の日本の製造業活動は、3か月間で最も弱いペースで成長し、製造業者は、中国の封鎖とウクライナでの紛争の余波が経済に圧力をかけたため、投入コストがさらに増加し​​たと報告しました。

じぶん銀行の最終的なPMIは5月の季節調整済み53.5から53.3に低下し、2月以来最も遅いペースを記録しました。

希望のちらつきで、韓国の輸出は5月の前月よりも速く増加しました。水曜日に別のデータが示したのは、ヨーロッパと米国への出荷の増加が中国からの減少を上回ったためです。

主要な輸出国の中で最初に発表された月次貿易データは、世界貿易の指標と見なされています。

インドの工場での活動は5月に予想よりも速く成長し、依然として高いインフレにもかかわらず堅調な需要がありました。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です