中国のミサイル後、日本の軍備増強への支持は高まるだろう

木曜日、中国は一連の訓練と軍事活動の一環として、沖縄諸島の西端沖に 5 発の弾道ミサイルを発射した。 25 年ぶりに台湾を訪問し、自治を行う。

与党自民党の首席議員で元外務・防衛大臣の河野太郎氏は、「台湾に何かが起こった場合、私たちは影響を受けることを明確に示しています。

国民が軍事費の増加を支持するかどうか尋ねられたとき、彼は「日本の潮流は確実に変わった」と付け加えた。

防衛は、第二次世界大戦、平和主義憲法、および国家主導の戦争への関与に対する根強い国民の不信を受け継いだ日本にとって、分裂的な問題です.

日本の排他的経済水域に対する中国の前例のないミサイル攻撃は、岸田文夫首相の政府が今月、支出の大幅な増加を含む防衛予算案を提出する予定であるときに発生します。

この支出計画に続いて、年末の国防政策の見直しが行われる予定です。これには、2019 年に米国の国家安全保障に対する主要な脅威として北朝鮮に取って代わった中国をかわすために、長距離弾薬を取得するための呼びかけが含まれると予想されます。 .

2月にロシアがウクライナに侵攻して以来、台湾と日本周辺の海と空での中国の軍事活動に対する懸念が高まっており、中国が台湾に対して武力を行使する前例となる恐れがあるため、米国は直接阻止できない可能性がある.

2019年までの5年間、自衛隊の統合幕僚長を務めた川野勝俊退役大将は「台湾を中心に軍事バランスが大きく変化している。

防衛予算の議論が本格化することを望む」と述べた。

PRTコンバット

先月の総選挙に先立つマニフェストで、岸田の自民党は防衛費を 5 年間で国内総生産の 2% に倍増することを約束しました。それによると、ストックホルム国際平和研究所が発表した2021年の防衛予算のランキング。

中国の行動を非難した岸田氏は、防衛費を「大幅に」増やすことを約束したが、その額とペースについてはまだ明らかにしていない。

彼はまた、日本の軍事化が他の場所での公共支出の削減、借り入れ、またはその両方の組み合わせによって支払われるかどうかについても言及することを拒否した.

中国のミサイルは、米国が危機にどの程度介入するのか疑問に思っている岸田氏の立場を明確にする機会を与えたと、東京拓殖大学の川上隆教授は述べた。

「日本は戦う準備ができていることを明確に示さなければならない」と川上氏は語った。

1996 年の台湾の最後の重大な危機の間、中国は島を威嚇するためにミサイル発射訓練を実施したが、はるかに弱い中国軍は、米国の空母打撃群を含む軍艦を台湾海峡に派遣することを米国に思いとどまらせることができなかった。運ぶことで、中国本土と島が分離されます。

それ以来、中国は防衛費を 20 倍に増やし、何百、何千キロも離れた船舶などの標的をはるかに正確に攻撃できる数百の弾道ミサイルを保有しています。

USSロナルド・レーガンは、米国の唯一の前方展開空母であり、木曜日に「プログラムされた作戦」のために西太平洋のフィリピン海を哨戒した。

笹川平和財団の上級研究員であり、在中国日本国大使館の元駐在武官である大原ボンジは、この目立たないプレゼンスを維持することは、米国による政策決定であると述べた。

「中国が現在、より強力な軍事大国になっているという現実もあります。 もし状況が1996年と同じなら、アメリカはそれを止めたかもしれない」と彼は言い、今週の中国の軍事活動の爆発に言及した.

Adachi Akira

「音楽愛好家。Twitterオタク。旅行のスペシャリスト。アマチュアの内向性。プロのコーヒー狂信者。ベーコン愛好家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。