中国の弾道ミサイルが日本の排他的経済水域に落下 – rts.ch

中国軍は、木曜日に台湾周辺で歴史上最大の軍事演習を開始しました。これは、米国下院議員ナンシー ペロシの島への訪問に対する力強い反応です。 特に、台湾国防省によると、北京は周辺地域に弾道ミサイルを複数回発射した。 それらのいくつかは、日本の排他的経済水域内に落ちました。

中国が主張するこの領土への彼女の旅行は24時間もかからなかったが、ナンシー・ペロシは、25年間で台北を訪問するアメリカの選出された最高の役人になり、北京の怒りを煽った.

>> こちらもお読みください: ナンシー・ペロシが台湾を去るとき、北京は貿易制裁を発表します

彼女は、民主主義政権によって支配され、中国軍による侵略の脅威に常にさらされている島を米国が離れることはないと強調した。

これに対応して、北京は木曜日の正午(スイスでは午前6時)から、台湾周辺の6つのエリアで、混雑した貿易ルートのレベルで大規模な軍事作戦を開始しました。

画面は、2022 年 8 月 4 日に香港の台湾周辺で中国の軍事演習が開始されることを示しています。 [Tyrone Siu – reuters]

日曜日まで練習

中国の公共テレビCCTVは、ソーシャルネットワーク上の声明で、「演習が開始され」、日曜日の正午(スイス時間午前6時)まで続くと述べた。

「この間、関係船舶及び航空機は、関係海域及び空域に入ってはならない。」

台湾軍は、「探さずに戦争の準備をしている」と表明している。

>> 12:30 p.m.の説明:

アメリカのナンシー・ペロシの訪問後、中国軍が台湾を包囲 / Le 12h30 / 2 min. / 今日 12:33

日本の排他的経済水域における弾道ミサイル

軍事アナリストを引用した環球時報によると、ミサイルが初めて台湾上空を飛行するため、演習は「前例のない」規模のものです。 その後、そのようなシナリオはありそうもないと考える他の国際的な専門家によって言葉が覆され、非常に急速にエスカレートする可能性があります.

これらの発表の直後、AFP のジャーナリストは、中国軍が台湾海峡に向けて「発射物」を発射したことを指摘した。 進行中の演習の近くにある中国の島、平潭では、午後 1 時 13 分頃 (スイスでは午前 7 時 13 分) に発射された複数の発射体が海に向かって空を横切り、その後に白い煙が立ち上るのを記者が確認しました。

台湾国防省は、北京がこれらの大規模な作戦中にすでに数発の弾道ミサイルを発射したことを確認した. 数時間後、日本の岸信夫防衛相は記者団に対し、中国の弾道ミサイル 5 発が日本の排他的経済水域 (EEZ) に落下したことは史上初であると語った。

日本の岸信夫防衛相は、中国の弾道ミサイル数発が台湾からわずか数十キロ離れた日本の排他的経済水域に落下したと発表した。 [Kiyoshi Ota - Reuters]日本の岸信夫防衛相は、中国の弾道ミサイル数発が台湾からわずか数十キロ離れた日本の排他的経済水域に落下したと発表した。 [Kiyoshi Ota – Reuters]

岸信夫氏は、「日本は外交ルートを通じて中国に抗議した」と付け加え、この事件を「私たちの国家安全保障と国民の安全保障に影響を与える深刻な問題」と呼んだ.

日本の最南端にある沖縄県のいくつかの島々は、台湾から数十キロしか離れておらず、大臣は、中国の弾道ミサイルが日本の EEZ に入ったのはこれが初めてであると述べた。

台湾は「不合理な行為」を非難。

「台湾軍が(中国軍に)自発的に接触し、誤って発砲した場合、(中国軍は)激しく反撃し、すべての結果を負うのは台湾側次第だ」と同氏は匿名でAFPに語った。中国軍内の情報源。

島の当局は、このプログラムは東アジアの安全を脅かすものだと非難している。

台湾国防省のスポークスマン、Sun Li-fang 氏は、「中国の演習海域の一部が (…) 台湾の領海に侵入している」と述べ、「『国際秩序』に挑戦することを目的とした不合理な行為」を非難した。

同省によると、台湾軍は、中国本土の厦門市からわずか 10 km の金門島上空を飛行する無人偵察機を阻止するために、水曜日から木曜日にかけて夜間にフレアを発射した。 彼はそれがどのタイプのドローンであったか、またはどこから来たのかを特定しませんでした.

>> 再燃した中国と台湾の緊張に関する午後 7 時 30 分のレポートをご覧ください。

ナンシー・ペロシの訪問後、中国と台湾の間の緊張が再浮上 [RTS]

ナンシー・ペロシの訪問後、中国と台湾の緊張が再び高まる / 午後 7 時 30 分 / 2 分 / 昨日午後 7 時 30 分

侵略の仮説が高まる

北京にとって、これらの訓練は、ナンシー・ペロシの訪問後、他のものと同様に、最近開始されたより限定的なものであり、「必要かつ正当な措置」です.

「米国は挑発者であり、中国は被害者です。 中国は自衛している」と外務省の華春瑩報道官は記者団に語った。

新華社通信によると、訓練は島の「封鎖」をシミュレートすることを目的としており、「海上の標的への攻撃、地上の標的への攻撃、空域の制御」が含まれるという。

2,300 万人が台湾に侵略されるという仮説は依然としてありそうにありませんが、2016 年に現在の蔡英文総統が選出されて以来、その仮説は強まっています。

独立党出身の蔡英文は、前政権とは異なり、島と本土が「一つの中国」の一部であることを認識しています。

afp/その他

Yamagata Akio

「熱心なポップカルチャー中毒者。インターネット愛好家。不治のゾンビ狂信者。邪悪なコーヒーファン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。