中国の日本への警告

題名の社説で 「日本を目覚めさせるには、警告射撃をしなければならない」 the 環球時報 彼の隣人に警告します。 日本のマスコミが発表したように、 「日本は実際に国防省から駐留官を派遣して台湾に定住させている。これは戦後の日台関係の事実上の崩壊となるだろう」と語った。 新聞に感謝します それを指摘する 「中国は確かに強く反応するだろう。」

the 環球時報 日本の通信社からの記事を引用 共同通信。 後者によると、日本の防衛省は、陸、海、空に自衛隊(FAD、日本軍)の新しい統一された指揮所を作成する方針を採用しました。これは、それが意図していることです。 「中国への対応」。

非常に危険なコンセンサス

「台湾に関する元右翼政治家のレトリックは、現在の日本政府の政策に反映され始めている」 社説は続き、その後 「日本社会には非常に危険な「合意」が形成され、成長している」

日本の流れを説明するために、中国の権力に近い新聞は、安倍晋三前首相によるいくつかの侮辱的な発言を思い出します。 「台湾で何かが起こったら、日本でも何かが起こるだろう」 -非常に高いレベルのコミットメントを示しています。 そしてもう一つの薄く覆い隠された脅威: 「中国が軍隊を通じて台湾との統一を断念するような環境を作らなければならない」と語った。

the 環球時報 日本の保守軍は国際情勢、特に「ロシアとウクライナの紛争」を利用していると信じている。 「内部の制約とカウンターバランスを取り除く」。 安倍晋三が何年にもわたって放棄しようとした日本の平和主義憲法への言及は、強い反対に直面して失敗した。

のために Huanqiu Shibao、 日本の権利の観点から、現在の期間はおそらく1つを表します 「可能性の窓」 めったに、1つでも “最後のチャンス”、 そのため、日本は、自衛の状況以外での行動を禁止する軍事分野に対するこれらの制限を緩和し、アジアでの地位を再構築することを検討している。

そして、それがしたことを日本に思い出させるために 「アジアへの歴史的債務」 (彼は多くの領土を占領し、第二次世界大戦中に多くの虐待の責任を負っていました)。 環球時報 これをもう一度確認します 「台湾問題は中国にとって家族問題だ」と語った。 約束によって:

「外国人が邪魔をしたいのなら、私たちは彼の足を骨折します。」

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です