中国の米国債の保有は12年ぶりの低水準に落ち込んでいます。 日本も在庫を減らしています。

米国財務省の統計によると、中国の持ち株は4月に10億3000万ドルに減少し、前月の10億3900万ドルから362億ドル減少した。 データによると、2010年5月の時点で、中国の国債保有額は8,437億ドルでした。

アナリストらによると、国債保有の減少は、中国の通貨保有の多様化も目指す可能性があるという。

中国での売却は、4月の財務省証券の外国保有総額の減少に寄与し、利回りの上昇に貢献しました。 ベンチマークの10年物米国財務省債の利回りは4月に2.3895%で始まり、約55ベーシスポイント上昇して月末には2.9375%でした。

日本の対米円安が続く中、4月の米国債保有額は2020年1月以来の最低水準までさらに下落し、日本の投資家は為替レートを利用するために米国人に資産を売却するようになった可能性があります。

日本の在庫は3月の1.232兆ドルから4月には1.218兆ドルに減少した。 日本は依然として米国以外の最大の財務省保有者でした。

全体として、外国国債の保有額は、3月の7.613兆から2021年4月以来の最低の7.455兆に減少した。

取引ベースでは、米国債は4月に11億5200万ドルの純外資流出を記録しましたが、3月には487.9億ドルの純外資流入を記録しました。 これは2021年10月以来の最初の資本流出です。

連邦準備制度理事会は、3月の一般的な金融政策会議で金利を4分の1パーセントポイント引き上げました。

5月には金利を50パーセントポイント引き上げたが、6月の金融政策会議では、景気の混乱を食い止めるために、なんと75パーセントポイント引き上げた。 連邦準備制度理事会はまた、今後数ヶ月で経済の減速と失業率の上昇を予測しています。

他の資産クラスでは、外国人は4月に米国株を71億ドルで売却しましたが、3月の純流出額は943億3800万ドルで、財務省がこのデータの検討を開始した少なくとも1978年1月以来の最高値です。 外国人投資家は4ヶ月連続で株式を売却している。

対照的に、米国の社債は、2021年3月以来最大の3月の333.8億ドルと比較して、4月には225.87億ドルの流入を記録しました。外国人は、4か月連続で米国の社債の純買い手でした。

一方、米国市民は、純売上高が367億ドルで、長期外国証券の保有を減らしたとデータは示しています。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。