中国は、日本軍による空母遼寧の綿密な監視を非難する

5月初旬、中国の空母CNS遼寧は、沖縄南西部の宮古海峡を横断し、南昌級駆逐艦南昌の護衛と共に西太平洋に入りました。 [avec ses 112 cellules de lancement vertical et ses puissants capteurs électroniques]054A型フリゲート艦「Xiangtan」、駆逐艦「Xining」、「Urumqi」、「Chengdu」、「Zhengzou」、および901型支援艦「Hulunhu」、そしておそらく核攻撃型潜水艦 [SNA]。

この中国の艦隊が排他的経済水域に渡った直後 [ZEE] 日本、東京は、JDSいずもヘリ空母と川崎P-1およびP-3Cオリオン海上哨戒機を警戒していると述べた。 同時に、空母USSエイブラハムリンカーンを中心に結成されたアメリカ空母戦闘グループの到着がこのセクターで発表されました。

CNS遼寧が宮古海峡を横断してフィリピン海に向けて進路を定めた後、艦載機J-15は「現実的な深海戦闘訓練任務」に着手した。 [alors armés de missiles]JDSいずも監修による演繹。

その後、中国の航空機空母戦闘グループは、台湾の東海岸と日本南部の間に位置し、北京が台北を攻撃することを決定した場合、アメリカの軍事援助の可能性にとって重要である可能性が高い地域に位置しました。 これは5月8日に防空識別圏への配備と一致しました [ADIZ] 台湾人民解放軍の31機 [APL]J-11およびJ-16戦闘機、Ka-28艦艇ヘリコプター、H-6戦略爆撃機、Y-8海上哨戒機、KJ-500早期警戒機を含みます。

中国共産党と提携している日刊紙、環球時報がインタビューした中国の軍事アナリスト、石弘 [PCC]、人民解放軍の空軍と海軍の構成要素によって共同で行われるそのような作戦は、「外国軍が台湾問題に軍事的に干渉するために取るかもしれない道を遮断する」ことを目的とするだろう。 これには明確さの利点があります…

5月18日に、電子戦機能とYJ-12対艦ミサイルを搭載する機能が強化された2機のH-6J爆撃機を使用した同様の作戦が行われました。 これらの飛行機は、宮古海峡に飛ぶ前に東シナ海上空を飛行し、「CNS遼寧との協調訓練を実施しました。

「これらの訓練は、日米が台湾問題に関する協力の強化を発表し、ウクライナとの関係を強化することを報告が示しているときに、台湾の離脱派と外部の干渉勢力に強い警告として来た」とコメントした。ダイツァイトのグローバルタイムズ。 実際に起こったことは、5月23日、米国のジョー・バイデン大統領と日本の岸田文雄首相がこの地域での中国海軍の活動を監視することに合意したときでした。

とはいえ、CNS遼寧は今や東シナ海を航行している…そして日本の国防相によれば、中国の空母はその任務の3週間の展開で300の航空作戦を確保することを可能にしたであろう。西太平洋で。 いずもと自衛隊の航空機がこの地域に配備されたこの空母戦闘グループの監視のおかげで、彼は前進することができました。

しかし、どうやらこの監視は中国の参謀にとって「近すぎた」ようでした。 環球時報は、人民解放軍が日米軍の監督下で作戦を実施することでその能力に自信を示したと述べたが、中国国防省のスポークスマン、呉倩大佐は5月26日に別の話をした。

彼は、中国の航空機運搬船の戦闘グループによる機動中の日本の自衛隊による「緊密な」そして「危険な」監視を非難した。

「日本によるこのような厳格な監視活動は非常に危険であり、誤解、誤算、空と海の災害につながる可能性があります」とウー大佐は記者会見で語った。 「彼らは双方の間の相互信頼を損なうだけでなく、双方の船、航空機および人員の安全に深刻な脅威をもたらす」と彼は強調した。

呉大佐は、台湾海峡の安全保障への懸念を提起した最近の日本の防衛白書を攻撃する前に、「中国は日本側にすべての干渉活動をやめるよう要求している」と続けた。

「台湾は内政問題であり、日本側の介入は許さない」と述べ、日本が1895年から1945年までの50年間、旧フォルモサを占領していたことを想起した。独自の軍事的存在能力。 私たちはそれに強く反対しています」とウー大佐は締めくくりました。

そうは言っても、日本はおそらく中国の活動を懸念するのは正しいでしょう…特に東京と北京は尖閣諸島やそれぞれのEEZの境界を越えてなど、多くの意見の相違があるためです。

たとえば、5月20日、日本の外務省は、東シナ海で両国のEEZが重なる地域にあるガス田に17の掘削プラットフォームを建設することに抗議するために、東京の中国大使館に苦情を申し立てました。

「中国側が一方的にこれらの海域で開発を行っていることは非常に残念である。 東シナ海の排他的経済水域と大陸棚の境界はまだ決まっていない」と日本の外交は主張した。

これとは別に、衛星画像は、新疆ウイグル自治区の砂漠地帯で訓練目的でE-767早期警戒機を使用しているPLAを示しています。 ただし、現在使用されているこのタイプのデバイスは、4部の航空自衛隊のみです。 アメリカの空母や「駆逐艦」を含む他の等身大のモデルが同じ場所で目撃されています。 「中国軍がこのサイトを使って武器をテストしているという証拠がある」と日経新聞はコメントした。

写真:CNS遼寧-日本の防衛省

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。