中央銀行は依然としてインフレを愛している

2022年6月10日に投稿




もっている
+

終えた ライアン・マクメイケン。

カナダ銀行は、ベンチマーク金利(翌日物金利目標として知られる)を水曜日の1.0%から1.5%に引き上げました。 これは、4月以来2回目の50ベーシスポイントの引き上げであり、今年3月以来の目標金利の3回目の引き上げです。 カナダの目標金利は、銀行が2020年3月から目標金利を引き下げた後、23か月間0.25%で安定していた。

米国やヨーロッパと同様に、カナダのインフレ率は 数十年の間到達されていない高さそして、中央銀行が「反インフレ」と見なされるようにという政治的圧力が高まっています。

銀行は、物価上昇に対応して金利を引き上げる場合、連邦準備制度と同じ規則に従います。 銀行の公式のスタンスは、2%のインフレ目標を達成するために、今後非常に積極的な利上げに訴える可能性があるというものです。

米国と同様に、実際の行動が非常にハト派である場合でも、中央銀行家がタカのように見えることが重要です。

世界の中央銀行は依然として金融インフレに取り組んでいます

しかし、実際の行動がないにもかかわらず、カナダの中央銀行は世界の主要な中央銀行に比べて比較的過激です。 カナダの中央銀行は、目標金利が1.5%とまだ非常に低いため、米国、英国、ユーロ圏、日本の中央銀行よりも高い金利を設定しています。 欧州中央銀行と日本銀行(日銀)の場合、インフレ率の上昇は実際にはまだ目標金利のゼロを超える上昇につながっていません。

  • 連邦準備制度:1.0%
  • 欧州中央銀行:-0.5%
  • イングランド銀行:1.0%
  • 日本銀行:-0.1%

さらに、ECBと日銀は長年にわたって目標金利をゼロ以下から逸脱していません。 日本の金利は2016年以降マイナスであり、欧州連合(EU)の金利は2014年以降マイナスです。

イングランド銀行(BOE)は最近、目標金利を1%に引き上げました。これは、BOEの最高金利です。 2009年から

米国では、連邦準備制度が金利を1%に引き上げました。これは、2020年3月以来の最高金利です。

しかし、これらの中央銀行のいずれも、超低金利と量的緩和がユビキタス政策となった過去12年ほどの政策から逸脱することをいとわないことは明らかです。

米連邦準備制度理事会はインフレに厳しいですが、これまでのところ、インフレが40年間で最高水準に近づいたときに、目標金利を1%に引き上げることを敢えてしました。

イングランド銀行は、英国の日刊紙のアンドリュー・センタンスが指摘しているように、同じ問題に苦しんでいるようです。 時代

英国では、インフレと金利の間に深刻なミスマッチがあります。 CPIで測定した消費者物価上昇率は現在9%であり、公式の目標率である2%の4.5倍です。 イングランド銀行は、CPIインフレが年末までに2桁に達すると予想しています…古い指標である小売物価指数(RPI)は、現在も広く使用されており、すでに2桁のインフレ(11%以上)を示しています。 それでも、銀行の公式金利はわずか1%に引き上げられました。これは、パンデミック時に記録されたほぼゼロの金利よりもわずか0.9パーセントポイント高くなっています。

この不一致は英国に限定されません。 インフレ率が現在8.3%である米国では、公式のフェデラルファンド金利もわずか1%です。 また、インフレ率が8.1%のユーロ圏では、欧州中央銀行は金利を引き上げていません。

言い換えれば、米国と英国で見られるこれらの小額の利上げにもかかわらず、FRBとBOEはECBほど遅れをとっていません。これは、5月下旬に先細りの緩和策を検討し始めたことを示しています。ポリシー。 しかし、典型的な中央銀行の言葉では、それは小さな変更が数ヶ月以内に導入されることを意味します。

より具体的には、ECBの総裁であるクリスティーヌラガルドは、 言った

現在の見通しに基づくと、第3四半期末までにマイナス金利を解消できるはずです。

翻訳 : 「たぶん私たちは5ヶ月で何かをするでしょう」

この不作為に対する明らかな反応を待って、ラガルドはまた次のように主張した。

私たちは米国とは非常に異なる状況にあり、実際、私たちは完全に予定通りに進んでおり、遅れをとっていません。

一方、日本銀行はハト派政策を緩和する兆しを見せていない。 円はドルとユーロに対して歴史的な下落の真っ只中にありますが、黒田東彦日銀総裁は彼が変化を見ないことを明らかにしました。

デフォルトで強いドル

これらはすべてドルにとって良いことであり、過去数週間にわたって見てきたように、他の主要中央銀行が自国の法定通貨をドルよりもさらに悪く見せているため、「強いドル」の話が戻ってきました。 もちろん、すぐに下落しますが、円やユーロほどではありません。

残念ながら、これにより、米連邦準備制度理事会はインフレ金融政策にさらに余裕を持たせることができます。 実際、この「ドル高」についての不満も耳にします。ドル安が経済を助けていると信じている輸出業者、高飛車のエコノミスト、中央銀行家もそうです。

ここでの最大の危険は、ドルを弱める1980年代後半のプラザ合意の更新版の採用である可能性があります。 ドル安の支持者がこの戦いに勝った場合、他の通貨に比べてドルが高すぎるという「問題」によって正当化される、ドルの購買力の継続的な下降スパイラルが見られます。 弱いドル支持者 すでにそこで働いています

しかし、短期的には、世界がソブリン債務や通貨危機に向かう中で、ドルが最初に下落するドミノになる可能性はほとんどありません。 危機は実際にドルと競合する通貨への逃避を引き起こす可能性があります。 しかし、一般の人々は引き続き間違った選択肢に直面するでしょう。適度な賃金上昇を伴う持続的な高物価インフレ(実質賃金の低下を意味する)、またはインフレ(物価インフレと金銭的インフレの両方)を低下させるが失業率を上昇させる不況。 最終的には、経済の減速と高価格のインフレの両方で、スタグフレーションが始まる可能性があります。 これらの可能性の高いオプションはどちらも良いニュースではありません。

ポリシーレート

連邦準備金: 政策金利

イングランド銀行: 公式銀行金利

オーストラリア準備銀行: スポットレート

日本銀行: 毎日の通話料金 (観察された); (目標レート)

カナダ銀行: 目標宿泊料金

欧州中央銀行: 預金レート

中国人民銀行: 一晩料金

翻訳の対位法。

インターネット上で

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です