中里唯馬、持続可能なファッションにサービスを提供するハイテク

オートクチュールのなかで、魅力と同じくらい美しいが、オーガンザの泡にプリーツをつけているように見えるドレスを生み出すエリート主義の小宇宙の中で、中里唯馬は際立っています。 37歳の日本人は、繊細で複雑なデザイナーのふりをするのが好きではありません。 他の多くの人とは異なり、彼はデジタル世紀における手動ジェスチャーの必要性については口を閉ざしていません。 「歴史的に、オートクチュールは女性向けであり、純粋に職人技であり、過剰または贅沢にはほとんど関心がありませんでした。 私は別の道を行おうとしています」彼は言った。

パンデミックのために2年間身体的に不在だった後、1月27日にルーブル美術館で発表された彼の11回目のオートクチュールショーを見た小道。 モデル(女の子も男の子も同様)は同じ黒のパンクブーツを履いています。 ここにはサロンコケトリーはありません。彼らはマンガやビデオゲームのキャラクターのように見えます。メランコリックな目はコールまたは赤鉛筆で裏打ちされ、非対称のウィッグ、マゼンタ、青、緑、または赤を身に着けています。髪または彼らのアバターの髪。

中里唯馬。

彼らは最初、ガーゼのベールが浮かぶ黒いアンサンブル、ベルト付きのローカットドレスを着ています。 それから、天然素材(ウール、コットン、シルク)で作られた彼女の衣装、リネンのズボンと流れるチュニックの両方に、色とりどりの生き物が現れます。 「昨シーズンのクジラの歌を勉強した後、興味を持ったのはキメラでした。」、中里は言う。 通常、一部はヤギ、一部はライオンですが、彼はそれともっと関係があります 「うろこ、半分人間、半分魚の架空の雑種動物」 それらを複製させる前に、彼は自分で紙に描いた。

不要な超過分をゼロにする

しかし、彼の切り札は、2019年に発見された日本のバイオテクノロジーであるスパイバーで開発した技術である「バイオスモッキング」の最後のピースであるシャーリングシルクのドレスのままです。 「私たちは、発酵プロセスから攪拌された植物性タンパク質に基づいて開発された絹のような生地の長方形を使用しています。」、 彼は説明する。 次に、フリルはコンピューターシステムによってテキスタイルにマークされます。 全体では、縫い目を使用せず、コードのシステムのみを使用できます。 「生地を着て、ひもを引っ張ると、突然フリルができます。 引っ張るほど、衣服は引き締まります。したがって、あらゆる体型に適しています。 »» この方法には、 熟成が良好なテキスタイル、およびカットにより、不必要な過剰を回避します。

中里唯馬。
また読む 女性から男性へ:Alaïa、Y / Project、PacoRabanneはあえてジャンルを混同します

「もちろん、私は常に職人技に感謝しています」アントワープの王立芸術アカデミーの卒業生を覚えています。彼はまた、日本の伝統的な技術を使用していました 着物のコートに絶滅危惧種の刺繡: 「今日、それを行うことができるのは八十代の人だけです。 »» でも彼は東京に住んでいて、そこで服を最大限に活用しています 「科学者の友人に囲まれている、または技術の進歩」。 そのため、ファッションは生産的な過熱に対する生態学的な解決策を見つけるために頭を悩ませていますが、コレクションに未来的なタッチを与え、宇宙征服に魅了されている人々は、テクノロジーを信頼することを提案しています。 「これはオートクチュールに役立つツールです。芸術的な服を作るだけでなく、さらに見ることもできます。 »»

また読む パンデミック前と同じように輝くパリファッションウィークのオートクチュール

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です