京畿道で大腸菌O157感染症が流行…

日本京都府 2022年9月15日、市内の精肉店ミート&フレッシュたかみが販売するビーフユッケ(牛のタルタル)を食べた際、下痢と腹痛で90歳の女性が死亡したと発表した。宇治. L’大腸菌 女性の便から腸管出血性O157が検出されました。 8月27日に自宅でユッケを食べ、9月2日に発症し、9月15日に死亡した。

また、2022 年 8 月 21 日から 8 月 26 日までに、この店でユッケとローストビーフを食べた 9 歳から 87 歳までの男女 22 人が同様の症状を訴えた。 大腸菌 O157は無症状者を含む12人から検出されました。 県は、これらの食品が食中毒の原因であると判断しました。

の思い出 大腸菌 O157:H7 :

大腸菌 ヒトや温血動物の消化管でよく見られる細菌です。 ほとんどの菌株は無害です。 いくつかのような 腸管出血性大腸菌 (EHEC) は、深刻な食中毒を引き起こす可能性があります。 ベロトキシンまたは志賀様(志賀様)毒素と呼ばれる毒素を産生します。 赤痢菌. 腸管出血性大腸菌 0157:H7 は公衆衛生上最も重要な血清型ですが、散発的な症例やアウトブレイクに関連して他の血清型が観察されることがよくあります。

人への感染は主に、生または加熱が不十分なひき肉、生乳、生野菜、汚染されたスプラウトなどの汚染された食品の摂取によって発生します。

での感染 腸管出血性大腸菌 O157:H7 は、腹部のけいれんと下痢を引き起こし、時には血性下痢 (出血性大腸炎) を引き起こします。 また、発熱や嘔吐を伴うこともあります。 潜伏期間は 3 日から 8 日で、平均期間は 3 日から 4 日です。
ほとんどの患者は 10 日以内に治癒しますが、ごく一部の患者 (特に幼児や高齢者) では、感染が次のような生命を脅かす形に進行する可能性があります。 溶血性尿毒症症候群.

ソース プロメッド


Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。