借金:第3時限爆弾

意見記事で表明された見解は、もっぱら著者のものであり、必ずしも編集委員会の見解を反映するものではありません.

投稿日: 2022 年 9 月 16 日




もっている
+

これは私が何度も扱ってきた問題であり、ジャック・シラク政権下の財務大臣であるティエリー・ブルトンが元BNPボスのミシェル・ペベロに依頼したフランスの債務に関する2005年の調査にさかのぼります.

2005年の状況

報告2006 年に発行された、12000 億ユーロの債務を示していますが、公務員の年金、国家の赤字、企業の赤字に関連する国家の義務を含む、いわゆるオフバランスシートの債務を考慮していません。およびそれが保証する有価証券およびその他の義務。

Pébereau は、1200 億から 40000 億の間の範囲を示し、当時の国の実際の債務を知らなかったことを示しています。

1 兆 2,000 億ドルの国債を考えるだけで、10 億ドルを超える金額と同様に多額の銀であるという事実を除けば、この数字は平均的な人には理解しにくいと判断できました。

国の債務水準を理解するために、別のより意味のある会計単位を選択する必要があったため、2005 年に製造された当時のファッションカー Twingo (販売価格約 10,000 ユーロ)、130,000 部に決定しました。

簡単な割り算で、国の債務は 1 億 2000 万トゥインゴに相当することが明らかになりました。 生産年数を減らすと、その時の生産速度は1000年生産に近くなります。

2022年の状況

公式のせい もうすぐ3兆台、オフバランスシートで。 つまり、同一の車両を 3000 年以上、オフバランス シートのバランスを考慮すると 7000 年以上製造することに相当します。

この状況が、世界に説教したいと考えている国にとって容認できないことを理解するのは難しいことではありません。

フランスは、習慣を断ち切ることができない麻薬中毒者の立場にあることに気づきます。 借金は彼の薬であり、すべての大統領は次の大統領に治療を行うという決定を任せます.

借金には2つの問題があります。

見過ごされがちな 1 つ目は、元本の返還です。 実際、まるでそれが唯一の問題であるかのように、それはすべて興味に関するものです。 企業では、資本の 33% を超える負債は、銀行家によって許容限界であると見なされます。

すべてのフランス人がフランスの債務の保証人であることを考慮すると、彼の資産相当額は彼の財産であり、約 14 兆ドルと推定されます。 国家債務の総額を見ると、債務比率は 50% か、フランソワ フィヨンが発表したように国家破産です。

短期的に爆発する可能性が高い 2 つ目の問題は、債務負担、つまり毎年返済しなければならない利息です。 2021 年までには、1990 年代以降の制御されたインフレのおかげで、かなりのものでしたが、許容できるものでした。

過去数年間、マイナス圏にあったことから、債務負担は最初の減少の後、今後何年にもわたってこの水準にとどまると考えていました。 私は一貫して、金利がわずかしか変化しないだろうと確信している指導者たちの無意識について警鐘を鳴らしてきました。

フランス政府は、経済状況が許したときに債務を返済できず、イタリアを除くすべてのヨーロッパ諸国とは異なり、それにもかかわらず反応が遅く、国を壁に導く猛烈な猛攻撃を続けました。

実際、すべてのエコノミストは、1 つの関心ポイントで、年間 400 億ドルのコストがかかることを知っています。

10 年物金利がマイナスから 1 年で 2% を超えると、金融業者はほとんどが外国人であり、私たちが贈り物を受け取っていないことを知って、金利をすぐに調整することは明らかです。

したがって、10 年の終わりには明らかに 1000 億を超える予算項目、つまり防衛予算の 2 倍から 3 倍になると予想できます。

カウントダウンが始まりました

レバレッジ解消政策がないため、州はこの債務を返済するために借り入れを余儀なくされましたが、それ自体が誤りです。 彼は、この借金の利息を支払うことができるようにするためだけに、今度は借りることによってさらに一歩進めなければなりません.

これは私たちの国を破産させるだけであり、その場合、これ以上債権者が貸すことはないことを誰もが知っています.長年のケースです。

したがって、国はギリシャのシナリオに向かって真っ直ぐに向かっており、IMF、ECB、およびヨーロッパは、これまでに見られたことのない改革を正しく推し進めます。

1 つ目は、公務員の数を 3 分の 1、つまり 200 万人削減することです。これは、私が長年推進してきた数であり、毎年 12 月 31 日までの給与の資金調達能力に相当します。

これらの措置は、すべての国家補助金の削減やすべての行政機関の再編など、他の同様に暴力的な措置を伴います。

結論

これらの改革が必要かつ緊急であることは誰もが知っています。

ドイツが 2000 年代初頭から行ってきたように、私たちがそれらを予期して徐々に適用しない限り、それらは強制的に強制されることになるでしょう。

それは私たちの国、ひいてはヨーロッパの存続に関するものです。

Adachi Akira

「音楽愛好家。Twitterオタク。旅行のスペシャリスト。アマチュアの内向性。プロのコーヒー狂信者。ベーコン愛好家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。