債券自警と日銀は日本の債券市場を揺るがす

日本銀行(日銀)が10年先物がほぼ過去最大の下落に見舞われた10年を見るために、10年利回りの上限を守るために債券を購入するために7000億円(52億ドル)以上を費やしたため、水曜日に極度のストレスが明らかになりました10年。 [JP/]

その後、価格は回復しましたが、流動性は弱く、イールドカーブは10年満期で曲がり、価格設定のベンチマークとしての関連性が低下します。市場参加者は、先物契約が他者に対する信頼できないヘッジを提供するだけで市場リスクになることを恐れています。

野村東京のストラテジスト、松沢中氏は、「先物市場の機能を失うと、それは(国債の)オークションにとって大きな問題だ。オークションをヘッジすることはできない。トレーダーはすべてを失うだろう」と語った。

日銀が10年物利回りの事実上の0.25%の上限を調整または引き下げるという投機家の賭けが急増するにつれて、長期休眠市場は突然きしむ。

日本がようやくインフレ率が非常に柔軟な比率に達するのを見て以来、政策立案者は圧力を受けており、世界の中央銀行が急速に金利を引き上げているため、円は他のほぼすべての通貨に対して下落しています。

フィデリティのポートフォリオマネージャーであるイアン・サムソンは、次のように述べています。

「しかし、かなり賢明な選択肢は、0.5%までの範囲を広げることから始めることです。それは、円安から熱を奪い、投機家にあまり与えないようにするのに役立ちます。」

サムソン氏は、フィデリティが週の初めに10年国債のショートポジションをオープンしたと述べた。彼は、強い反発は起こりそうになく、政策パラメーターが変更されれば売却される可能性があると考えたからだ。

日銀は金曜日に2日間の会合を予想通りの変更なしに終了したが、政府や他の筋は、円の下落がさらに反応を促す可能性があると述べた。

野生の水曜日

水曜日のジェットコースターの乗り物は、日銀による7年物証券の突然の購入によって引き起こされました。

市場参加者は、これを先物市場からショートセラーを追い出す試みと見なしました。7年債は通常、先物契約を閉じるために配信され、価格の上昇はその取引を強制することを目的としていたためです。

しかし、逆のことが起こりました。 ショートセラーは売り続け、恐ろしいブローカーも持ち株を捨て、10年先物の価格を2ポイント下げて145.58にした。 その後、契約は147.21に回復しました。

野村の松沢氏は、先物をヘッジとして利用している投資家やトレーダーについて、「先物の機能が問題になっているため、すぐにポジションをクローズしなければならなかった」と述べた。

水曜日の売上高は1年で最高でしたが、異常な動きは、日銀が市場全体の40%以上に持ち株を増やすなど、機能性が長い間低下してきた市場の背景も強調しました。

データポータルのAsianBondsOnlineによると、月間売上高は2013年の4兆ドルを超えていたものが、3月には3兆ドル未満に着実に減少しています。 イールドカーブのコントロールは、市場が債務と信用の価格設定のベンチマークとしての関連性を失っていることも意味します。

ドイツ銀行の日本エコノミスト、小山健太郎氏は、「うまくいかなければ、金融市場全体に悪影響を与えるはずだ」と述べた。

「機能が弱いと参加者が少なくなる可能性があります…長期的には、これは安定した公的資金の課題です。」

日銀がそうしない限り、この傾向が逆転する可能性は低く、その間に円の下落圧力が高まっています。

HSBC香港のシニア通貨ストラテジストであるジョーイ・チュー氏は、「口頭での介入がなければ、期待はさらに悲観的になる可能性がある」と述べた。

「最終的には、持続的なドル/円の修正には実質利回りスプレッドのシフトが必要であり、これは日銀、FRB、または景気後退の可能性に対する市場センチメントの変化に起因する可能性があります。」

($ 1 = 134.3000円)

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。