元ソニーCEOのイデイが84歳で死去

ソニーグループの元最高経営責任者(CEO)で10年間日本企業を率いていた出井伸之氏は、6月2日に肝不全で84歳で亡くなったと同社は火曜日に語った。

Ideiは1995年にソニーをハードウェアからコンテンツに移行するために会社の舵取りを引き継ぎましたが、彼のリーダーシップの下で、ウォークマンの背後にある会社はMP3とフラットスクリーンTVへの移行を逃しました。

都会的でカリスマ的な側面で知られるイデイは、前任者の大賀典雄に選ばれましたが、コンテンツの追求により、日本のエンジニアと外国の映画や音楽の幹部との間にギャップが生じました。

「私がソニーの上司だったとき、私はパネルを作らなかったと批判された」とイデイは2012年にロイターに語った。

「しかし、トヨタが自動車を製造するとき、日本製鉄を購入します。 価値は鋼ではなく車にあります。」

Ideiの下で、ソニーはAppleに創設したポータブル音楽業界でのリーダーシップを譲り、同社は国内の競合他社や韓国のテレビ会社にも追い抜かれました。

ロイターによれば、2000年のソニーの評価はアップルの7倍であり、大賀は1990年代初頭にカリフォルニアの会社を買収することを検討していた。

イデイは2005年に利益の減少の責任を負うために辞任し、英国生まれのハワード・ストリンガーに代わりました。ハワード・ストリンガーは会社を経営する最初の外国人になりました。

井出の在職後、製造業は加速した。 ソニーは、PlayStationゲームを含むエンターテインメントに焦点を当てるために、赤字のハードウェア会社を売却しました。

ソニーの吉田憲一郎最高経営責任者(CEO)は声明のなかで、「インターネットの影響を予測し、ソニーのデジタル化を積極的に支持した先見性と先見性は、私を驚かせ続けている」と述べた。

出国後も、企業取締役会のコンサルタント兼取締役として、日本企業での役割を果たし続けました。 (Sam Nusseyによる報告、Clarence Fernandezによる編集)

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。