光宇宙通信活動を行うための新しい子会社

日本のエレクトロニクスとエンターテインメントの巨人は、レーザービームを介して低軌道のマイクロ衛星をリンクする関連サービスを提供する小型光通信デバイスを開発し、衛星の開発に取り組んでいる企業へのサービスとしてこれらの光通信デバイスを提供する予定です。

衛星間のユーザーフレンドリーな通信機能を提供することにより、 ソニースペースコミュニケーションズ株式会社 宇宙通信の数を増やし、地球、宇宙、リアルタイムサービスなどのアプリケーションをカバーするインターネット通信ネットワークの実現を目指しています。 新会社は、光通信を利用することで、大型アンテナや高出力電力を必要とする従来の無線通信では物理的に困難な小型機器での高速通信も目指しています。

ソニー宇宙通信公社は、衛星と地球間だけでなく、軌道上にある衛星間でも光通信ネットワークを構築することで、地球上のどこからでも宇宙のあらゆる衛星へのリアルタイム通信を実現することを目指しています。 光通信は、無線通信のような特定の種類のライセンスを必要としないため、従来の無線周波数通信よりも実装が簡単です。

ソニーは宇宙での光通信の利用を促進したい

ソニーコンピュータサイエンス研究所のソニーグループ株式会社は、マイクロサテライトに搭載可能な高速・長距離データ伝送を可能にする光通信システムの研究開発を行っています。 CDプレーヤーなどの開発・生産で長年培ってきた光ディスク技術を応用し、大量生産が可能で過酷な環境に耐える超小型・軽量の光通信機器の実現を目指しています。宇宙のようなものです。

「」現在、宇宙には約12,000の衛星があり、この数は将来増加すると予想されています。 軌道上で使用されるデータ量も年々増加していますが、利用できる電波の量は限られています。ソニースペースコミュニケーションズ株式会社の岩本恭平社長は語った。 「」低軌道(LEO)衛星は地上と通信する必要があるため、リアルタイムの情報を送信するために多数の通信設備が必要です。これらの衛星は地上局を直接飛行して通信する必要があるため、問題があります。 さらに、電波のスペクトルライセンスの必要性や、マイクロサテライトなどの小型衛星に必要な通信機器の低消費電力の制限にも対処する必要があります。「」

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。