公道でのマスク着用義務はなくなりました

公開日:

日本では、今週月曜日の 5 月 16 日から、物理的な距離を維持できる公道でのマスク着用が義務付けられなくなります。 マスクは屋内、特に公共交通機関にとどまります。 この緩和は、パンデミックが始まって以来、国内で初めてです。 しかし、すべては、日本人が路上でマスクを着用し続けることを示しています.

東京特派員とともに、 ブルーノ・デュバル

日本は流行の第 7 波に見舞われており、人口のほぼ半数がまだブースター ショットを受けていません。 この不安定な健康状況にもかかわらず、公道でマスクを着用することは今や任意であり、一部の東京市民は心配しています.

ほとんどの若者のように 私はまだ3回目のワクチン接種を受けていませんそのうちの一人が言った。 Omicron は私たちの年齢の人々にはそれほど危険ではないように見えますが、あきらめない方が安全なようです。 女性は同意します: 感染者数が再び増加していますが、今マスクを外せますか? 論理は私を逃れる… »

政府が何を言おうと、私はいつでもどこでもマスクを着用し続けます。また、自宅からの外出をできるだけ少なくし、マスクを着用していない人との接触をすべて避けます。 」 別の日本人が説明します。 彼の同胞の意見: ” このウイルスは私をとても怖がらせるので、マスクを外したら人前で安心できませんでした. »

調査によると、流行が始まって以来、10 人中 9 人以上の日本人が常にマスクを着用しています。 彼らがそれを削除した場合、わずかなペナルティを負うリスクはありません. 常に非の打ちどころのない行動を求められる国で、このような規律が守られているのは、社会的圧力によるものです。 当局の指示が一般的な意見では不合理に思われる場合、当局の指示に従わないことを意味する場合もあります。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。