円は下がり続け、ユーロはECBの会合にすべての目が向けられるように安定している

ECBはほぼ確実に月末に資産購入プログラムを終了し、7月に利上げを約束しますが、引き締めの程度とペースは依然として不透明です。

ユーロ圏の高インフレにより、ECBは50ベーシスポイントの急騰でハイキングキャンペーンを開始する可能性があるとの憶測が高まっています。

今週木曜日のユーロはほとんど変動しなかった後、1.07130ドルでほとんど変化しませんでした。

ストラテジストのキャロル・コング氏は、ECBのクリスティーヌ・ラガルド総裁が「今後、よりタカ派の金利の動きに傾倒すれば、ユーロ高を押し上げるだろう」と述べた。

「ECBはシーケンシングについて多くのことを話し、金利を引き上げる前に資産の購入をやめると言っているので、今日の金利引き上げはあまりありそうにないと思いますが、インフレが史上最高であり、それを行うための経済的根拠があります。だから利上げがあり、完全に除外することはできない」と述べた。

ポリシーの発表は11:45GMTに予定されており、記者会見は12:30GMTに予定されています。

他の場所では、円は下落を続け、初期の取引では1ドルあたり134.56円という20年ぶりの安値まで下落しました。

2002年1月31日の135.20レベルのヒットに近づいており、オーバーシュートは1998年10月以来の最低レベルになります。

また、1ユーロあたり143.72で取引されており、最低値は約7年半です。

日本銀行は非常に刺激的な政策を維持し、日本の経常黒字は縮小しているため、円は世界中の金利上昇によって抑制されています。

英ポンドは1.2534ドルで安定しており、オーストラリアドルのリスクは株式市場の下落に伴い0.7178ドルまでわずかに下落しました。 [MKTS/GLOB]

ドル指数は102.59とわずかに高かった。

暗号通貨の中で、ビットコインは数週間のように$30,000マーク前後でホバリングし続けます。 木曜日の取引はわずかに上昇し、30,200ドルでした。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です