円は引き続き下落、日本銀行のバラスト

ロンドン(awp / afp)-円は火曜日に再び急落し、日本銀行(日銀)と他の中央銀行との間の金融政策の相違によって圧迫され、ドルに対して20年、ユーロに対して7年で見られなかったレベルで推移しました。銀行。

グリニッジ標準時14時15分(グリニッジ標準時16時15分)頃、円は133円に下落した後、ドルに対して0.54%下落して132.60円となり、2002年4月以来の水準ではありませんでした。

ユーロに対して、日本通貨は0.35%下落して141.56円となり、会期中は142.06円となり、2015年1月以来の最低水準となった。

アナリストのギヨーム・デジャン氏は、欧州中央銀行(ECB)が来週木曜日に米連邦準備制度理事会(FRB)に先立って金融政策決定を発表する中、「6月の会合に先立つ金融政策期待のさらなる加速」が円を圧迫しているとコメントした。ウエスタンユニオンで。

その一部として、ECBは今後数ヶ月で金利を引き上げたいという希望を示しますが、FRBはすでにインフレに対抗するために金利を引き上げ始めています。

それどころか、日銀は年々の値上げについてあまり懸念しておらず、日本でも米国やユーロ圏よりもはるかに目立たない(4月は生鮮食品を除くと+ 2.1%)。

日銀総裁は月曜日、輸出に利益をもたらすため、円安は歓迎されると再び述べた。

これまでのところ、円はドルに対して13.2%、ユーロに対して7.5%下落しています。

ただし、利上げは、切望されたグリーンバックに対して通貨が上昇することを意味するものではありません。オーストラリア準備銀行(RBA)は、火曜日に自国通貨からの強い反応(-0.01%)なしに、0.50パーセントポイント上昇して0.85%になりました。 1米ドルで1.3905オーストラリアドル)。

MUFGのアナリスト、デレク・ハルペニー氏は、「この急騰は、22年間で最大であり、オーストラリアドルを引き上げることができなかった。これは、市場がすでにオーストラリアの積極的な金融政策を期待していることを示している」と述べた。

シティインデックスのアナリスト、フィオナ・シンコッタ氏は、RBAの決定は、「中央銀行がインフレの上昇にどれほど懸念を抱いているか、そしてFRBがそれをコントロールするためにどこまで進んでいくかについて、市場がどれほど神経質になっているのかを示している」と述べた。

トルコリラは1ドル16.74ポンドで取引されていました。これは、2021年12月の崩壊以来の最低水準です。

トルコのレジェップ・タイップ・エルドアン大統領は月曜日の夜、金利を再び引き下げると発表したが、トルコのインフレ率は5月に前年比73.5%に達した。

最後に、暗号通貨の面では、ビットコインは前日の$ 30,000のしきい値を超えた後、5.8%急落して$29,596になりました。

中央銀行による金銭的引き締めは、暗号通貨のような「今後18か月で市場へのキャッシュフローを3兆ドル削減し、デジタル資産の上昇の可能性を制限する」と、バンクオブアメリカアナリストのアルケシュシャー裁判官。

            Cours de mardi  Cours de lundi

-------------------------------

            14H15 GMT       21H00 GMT

EUR/USD     1,0676          1,0696

EUR/JPY     141,56          141,06

EUR/CHF     1,0404          1,0383

EUR/GBP     0,8526          0,8535

USD/JPY     132,60          131,88

USD/CHF     0,9746          0,9708

GBP/USD     1,2521          1,2532

afp / rq

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。