円安、日本にとって両刃の剣

東京(awp / afp)-今週、ドルに対して20年ぶりの安値を付けた後、日本通貨は下落を続けている。 非常に国際的な日本経済にとって、通常は良性の為替レートの動きですが、その逆の影響が懸念されています。

過去数日間で134円を大幅に上回った後、金曜日のグリニッジ標準時09:30頃に1ドルが133.9円に対して取引されていました。 135.15円を超えると、1998年10月以来の高値を記録する。

円安は主に、日本銀行(日銀)の依然として非常に緩和的な金融政策と、ドル建て債務を引き締め、投資家にとってより魅力的なものにしている米連邦準備制度とのミスマッチによるものです。

この傾向は、石油やその他の商品価格の上昇を加速させたウクライナ戦争で3月から強まりました。

日本の当局は、円高は日本企業の市場予測を困難にし、最悪の場合、円建て資産への信頼を失う可能性があるため、「望ましくない」と繰り返し述べています。

金曜日の非常にまれな共同声明の中で、日本の財務省、日本銀行(BoJ)、および日本金融執行庁(FSA)は、円の急落に対して「必要に応じて適切な行動」をとるが、どちらかを特定しないと述べた。

大企業対一般市民

しかし、円安の長所が短所を上回っていると確信している日銀による逆転と同様に、東京による一方的なFX介入はありそうにない。

国の大企業は非常に国際的であるため、「円安は日本の輸出を直接支援する」とRBCキャピタルマーケッツの外国為替市場スペシャリストであるアルビンタンはAFPに語った。

これは、円に換算した後の日本企業の対外利益を人為的に膨らませ、東京証券取引所を喜ばせます。

それはまた、パンデミックの前に主要な成長要因となった今後数ヶ月の間に日本が観光産業を復活させるのを助けるかもしれません。

円安の主な直接的なマイナス面は、化石燃料の埋蔵量が多いことから始めて、日本からの輸入をさらに高価にすることです。

「しかし、より高価な輸入品は消費者に悪影響を及ぼしている」とタン氏は回想し、パンデミック後の回復を遅らせるリスクがある。

日本の家計にとって、円安は、輸入コストの上昇によるインフレの目覚めにすでに直面しているため、二重の脅威をもたらします。

現在の緊張の兆候として、水曜日の黒田東彦日銀総裁は、パンデミックの間に貯蓄を蓄積したため、日本人がインフレに対して「より寛容」になっていると主張した数日前に行われた物議を醸す声明を公に撤回することを余儀なくされた。

取るチャンス?

群島(生鮮食品を除く)の消費者物価上昇率は、4月に1年間で2.1%に加速しました。これは、2015年以降、VATの期間がない2008年以降も見られないレベルです。

一方、輸入インフレを支えている円安は、「デフレに苦しんでいる国のインフレ見通しを支えるのに役立つ可能性もある」と述べた。

黒田氏はまた、1990年代から日本経済を石臼のように引きずり回してきた「デフレ精神」に終止符を打つことを望んでいる。

輸入コストのみによるインフレは経済にとって健全ではないため、日銀は当面は利上げを行うつもりはない。

しかし、長期的には、この状況は、企業の利益、雇用、賃金が改善する一方で、物価が緩やかに上昇する「好循環」を生み出す可能性があると黒田氏は主張します。 提供された雇用主は協力し、政府は野心的な構造改革を実施します。

日銀がこれを公式に認めていない場合、その非常に柔軟な金融政策は、日本の悲惨な国債を間接的に借り換え、政府の段階的な回復計画を支援するのにも非常に適しています。

afp / jh

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。