円安、日本銀行は「安定した弱さ」を期待している。

ニューヨーク(awp / afp)-日本銀行総裁が再び彼の超柔軟な金融政策を擁護した後、円は水曜日にドルと他の主要通貨に対して自由落下を続けました。

グリニッジ標準時19時20分頃、円は対ドルで1.16%下落して134.14円となり、2002年以来の安値となった。

ユーロに対しては、円は1.27%下落して143.74円となり、2014年後半以降は見られない水準となった。

日本のインフレ率は比較的低いままですが(4月の生鮮食品を除くと2.1%)、ドルに対する通貨の年初来の14%の下落は一部のオブザーバーを心配し始めています。

スコシアバンクのショーン・オズボーン氏は、「円の動きは明らかに非常に弱く、防御的である」と述べた。

黒田東彦日銀総裁は水曜日の議会で、円安は国内経済に利益をもたらし、輸出に転じると繰り返し述べたが、あまりにも早く侵入することは望ましくない。

MUFGのアナリスト、デレク・ハルペニー氏は、日本銀行総裁は、金融政策のスタンスを変えたくないという彼の願望を繰り返し、「日本が同じ路線を維持することが重要であると彼が言う3日連続」であると強調した。

ユーロとドルのペアについては、セッションを開始した後、午前のセッションで1.0748ドルに上昇する前に、ユーロは0.12%上昇して1ユーロで1.0716ドルに達しました。

ドイツのベンチベンチのアナリスト、ヘンリー・アレン氏は、「投資家は、今週後半の大規模なマクロイベント、木曜日の欧州中央銀行(ECB)会議、金曜日の米国の消費者物価指数を待つため、活発なセッションではない」と述べた。

しかし、ウエスタンユニオンのジョー・マニンボ氏は、第1四半期のユーロ圏成長率の発表により、欧州通貨は比較的支えられ、当初の推定値である0.3%から0.6%に修正されたと指摘しました。 アナリストは、「しかし、ヨーロッパの成長プロファイルは不確実であり、第2四半期はウクライナでの戦争の悪影響を示す可能性が高い」と述べた。

オブザーバーはまた、ECBが今後数ヶ月でマイナス金利の終了を知らせることを期待しており、クリスティーヌ・ラガルド総裁が今後の利上げの範囲について何らかの手がかりを提供するかどうかを知りたいと考えています。

「ラガルド氏が引き続き慎重で、来月わずか0.25パーセントポイントの上昇を示す場合、ユーロはさらに下落する可能性があります」とExinityのアナリスト、ハン・タン氏は警告します。

        Cours de mercredi Cours de mardi

        19H20 GMT               21H00 GMT

EUR/USD 1,0716                  1,0703

EUR/JPY 143,74                  141,91

EUR/CHF 1,0477                  1,0413

EUR/GBP 0,8545                  0,8500

USD/JPY 134,14                  132,59

USD/CHF 0,9778                  0,9729

GBP/USD 1,2539                  1,2592

afp / rp

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。