円安により、日本銀行は政策を変更する可能性があります。

金曜日に銀行がイールドカーブコントロール(YCC)政策を変更し、10年国債(国債)の利回りを約0%に変更することを期待する人はほとんどいませんが、円通貨の下落にはある程度の影響があります。関係する立法者を提供するメリット。

これらは部分的に、利回り目標の暗黙の0.25%の上限を守るための中央銀行の積極的な努力によるものです。

中央銀行の考え方に精通している5人の政府高官と情報筋は、金曜日の行動の鍵は、金融政策の対応を呼び起こすのに重要な十分なリスクをもたらすために、円が現在の24年ぶりの安値からどれだけ下がったかであるかもしれないと言います。

ある筋は、「中央銀行は、政策を導くために為替レートをターゲットにしていない」と述べた。 「しかし、円安が急速に進んだため、経済に打撃を与えており、特に注目に値する」と語った。

2番目の情報源はこの見解を共有しました。

水曜日、松野博一首相は、円安に直面して日銀が「適切な措置を講じる」ことへの期待を表明した。

政府当局者は匿名を条件に、「日銀が金曜日の会合で行動を起こすことを期待している」と語った。

「FRBが75ベーシスポイントの利上げを行うことができたとしても、日銀が何もしないとは信じがたい」と語った。

米国の積極的な利上げの見通しは、日本を含む世界中で長期金利を押し上げ、日銀は利回りの上限を守るために資産購入を強化することを余儀なくされました。

日銀は火曜日に約3兆円(220億ドル)の債券を購入し、水曜日にはイールドカーブに沿って0.25%の上限を守るために購入を続けました。

それにもかかわらず、投機筋が日銀がCJC政策の変更を余儀なくされることを賭けたため、10年国債先物は2014年に最後に見られたレベルまで下落しました。

ドイツ銀行のチーフエコノミスト、小山健太郎氏は、「外国人投資家は、現在のイールドカーブパターンの難しさと問題点をすぐに理解した」と述べた。

「外国人投資家は日銀がYCCの枠組みを調整すべきだと考えているので、今や日銀に挑戦していると思います。」

理論的には、日銀は印刷したお金で上限を守るために無期限に債券を購入することができますが、そうすると円安が加速し、輸入コストが上昇し、経済に打撃を与えます。

市場は、FRBが水曜日遅くに開催される連邦公開市場委員会(FOMC)の会合で75ベーシスポイントを引き上げると予想しており、これにより円安が加速し、日銀に圧力がかかる可能性があります。

OANDAのアジア太平洋担当シニアマーケットマネージャーであるアナリストのジェフリー・ハレー氏は、「今週の日本銀行の政策会議が、おそらくFOMCの結果自体よりもさらに過小評価されているリスクポイントであることを懸念している」と述べた。

非常にハト派的なFRBの見通しはドル/円を引き上げ、日銀に10年の利回り上限をわずかに引き上げさせる可能性があると彼は付け加えた。

確かに、インフレは欧米諸国よりもはるかに低く、脆弱な経済は依然として金融支援を必要としているため、日銀が現在YCCを変更する理由はほとんどありません。

日銀のベテランウォッチャーである六車直美氏は、日銀は金曜日も引き続き進路をとると予想しているが、政府が円安の急落を食い止めるための支援を求めれば、銀行の利回り上限を0.25%から0.50%に引き上げることができると述べた。

このような利回りの上限の引き上げは、円を買うための政府の介入を伴うだろう。

同氏は、「円安が続くと、これはリスクの高いシナリオであり、こうした動きが企業や家計のセンチメントを傷つけていることは明らかだ」と述べた。

($ 1 = 134.7100円)

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。