円安を支えるための日本の介入はどのようなものになるでしょうか?

口頭で介入する以外に、日本には過度の円安を食い止めるための選択肢がいくつかある。 1つの方法は、外国為替市場に直接介入し、ドルを売り、大量の円を買うことです。

日本の通貨の急激な下落は、主要な投資家を動揺させたほど急激かつ急速であり、一部の投資家は、政策立案者がすぐに介入して急落を食い止めようとすることを期待して、さらなる下落に賭けています。

以下は、円買い介入がどのように機能するか、それが起こる可能性、および課題の詳細です。

日本が最後の円買い介入を行ったのはいつですか?

経済が輸出に大きく依存していることを考えると、日本は歴史的に強い円高を食い止めることに重点を置いており、円安にはより慎重でした。

円を買うための介入は非常にまれでした。 日本が最後に通貨を支援するために介入したのは 1998 年で、アジア金融危機が円の下落と地域からの急速な資本流出を引き起こしたときでした。 以前は、東京は 1991 年から 1992 年にかけて、円安に対抗するために介入しました。

東京は新円で何を買う?

通貨介入は費用がかかり、広大なグローバル外国為替市場での価値に影響を与えることの難しさを考えると、簡単に失敗する可能性があります.

これが最後の手段と見なされている主な理由の 1 つです。東京政府は、口頭で介入しても円安が阻止できなかった場合にのみゴーサインを出すからです。 当局が介入するかどうか、いつ介入するかを決定する際には、円安率だけでなく円安の速度も重要になるだろう。

一部の政策立案者は、一部の国が経験している大規模な資本流出と同様に、日本が円、株式、国内債券の「3つの」脅威に直面した場合にのみ、介入が選択肢になると述べています。

口頭で警告を受けた後はどうなりますか?

市場に直接介入する前に、日本の当局は伝統的に「レートチェック」を実施しています。これは、中央銀行の職員がトレーダーに電話して円の売買価格を尋ねる慣行です。

このジェスチャーは、実際の介入が近づいていることを示す強力な兆候となります。 当局は、この動きだけで市場参加者を怖がらせて、円の動きを有利に動かすことができるようになることを期待して、このような措置を講じます。

本当の介入はどのように機能しますか?

日本が円の上昇を食い止めるために介入すると、財務大臣は短期国債を発行して円を押し上げ、それを市場で売却して日本の通貨の価値を下げることができます。

円安に介入しなければならない場合、当局は日本の外貨準備高からドルを引き出して、市場で円を売らなければならない。

どちらの場合も、最終的な介入命令を下すのは財務長官です。 日本銀行が代理人となり、市場で注文を執行します。

DFIS とは何ですか?

円を売るより円を買うほうが介入しにくい。

日本の外貨準備高は 1 兆 3,300 億ドルで、中国に次いで世界第 2 位であり、ほとんどがドルで構成されている可能性があります。 東京が介入するたびに金利に影響を与えるために多額の資金が必要となれば、準備金は豊富にあるものの、急速に減少する可能性があります。

これは、東京が円を増やすためにチケットを発行し続けることができる円売り介入とは異なり、介入の期間が限られていることを意味します。

通貨介入は、ドル/円に対して行われる場合、米国を含む日本の G7 パートナーの非公式の承認も必要とします。 これは簡単なことではありません。なぜなら、ワシントンは伝統的に、極端な市場のボラティリティの期間を除いて、通貨介入の考えに反対してきたからです.

Taguchi Eiji

「作家。音楽の専門家。コーヒー中毒者。インターネット愛好家。フリーランスのベーコン狂信者。ウェブの専門家。Twitterの学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。