冬季オリンピック:1928年以降に日本が獲得したメダル数のリスト

日本の日付

スポーツ東京2020

モンブランの麓で開催さ​​れた最初の冬季オリンピックから約100年。 北京で2月20日まで開催された2022年版は、日本向けのスタイルで終了しました。日本の代表団は、前の平昌オリンピックのスコアを上回り、記録的な18個のメダルを獲得しました。 そして、金メダルに関しては、日本は1998年の長野で最も輝いていました。

北京冬季オリンピックは、2022年2月4日から20日まで開催されました。 17日間続いたこのイベントでこれまでで最も多い109のイベントがありました。

1924年にシャモニーのリゾート地のモンブランで冬季オリンピックの初版が開催されたとき、夏季オリンピックは28年間存在していました。 シャモニー大会は、16カ国(日本を含む)からの258人のアスリートが参加する16のイベントで構成されました。 冬季オリンピックへの日本の最初の参加は、スイスのサンモリッツで開催された1928年版にさかのぼり、6人のアスリートのチームがクロスカントリーイベントに参加しました。 それにもかかわらず、チームはメダルを持ち帰りませんでした。

1940年に北海道の札幌で、1944年にイタリアのコルティナダンペッツォで開催される予定だった2回の冬季オリンピックは、第二次世界大戦のために中止されました。 大会は1948年にサンモリッツで再開されましたが、枢軸国である日本とドイツは参加を求められませんでした。

日本は、1956年のコルティナダンペッツォ冬季オリンピックで、猪谷千春が男子アルペンスキースラロームで銀メダルを獲得したときに最初のメダルを獲得しました。 日本が1972年の札幌冬季オリンピックを初めて開催したとき、そのチームは金、銀、銅の3つのメダルを獲得しました。

1980年に米国のレイクプラシッドで開催されたオリンピック以来、日本は1998年の長野での金5、銀1、銅4を含む、次の11の冬季オリンピックでメダルを獲得しました。4年前、韓国の平昌で、日本は13で新記録を樹立しました。 13のイベントでメダルを獲得します。

2022年には、北京は1972年の札幌、1998年の長野、2018年の平昌に続いて、アジアで4番目の冬季オリンピックを開催する都市となります。また、夏と冬の両方でオリンピックを開催する史上初の都市でもあります。 (2022年北京オリンピックのすべての記事のリストを参照してください)

冬季オリンピックで日本が獲得したメダル

(バナー写真:ロイター)

スポーツ
メダル
ゲーム
OJ
録音
北京オリンピック冬季オリンピック
東京2020

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。