北朝鮮が何千人もの日本人を誘拐したとき

川崎英子は、2001年に41年間逃亡する前に、17歳のときに北朝鮮に入国した。 今、80歳で、彼女はそこに残っている彼女の不運な仲間を助けるのに苦労しています マーティンオフィス/AFP

調査-1959年から1984年の間に、隠者政権は東京の同意を得て、93,340人の日本人居住者の追放を組織しました。そのほとんどは韓国出身でした。 約200人が帰りの旅を始めることができました。 彼らの物語を知ってもらおうとする一握りの「正しい」戦い。 そして、できる人を連れ戻してください。

東京

1959年から1984年の間に、北朝鮮政府と日本政府は、最初は積極的に、2番目は暗黙のうちに、できるだけ多くの朝鮮人の居住者を日本から日本に移住させることに合意した。 北朝鮮。 両国が共同出資したこのプログラムは、25年間で93,340人(日本人6,730人を含む)を日本の経済民主主義の奇跡から北朝鮮のスターリン主義地獄に突入させた。 「」真の状態、大量誘拐。 北朝鮮はこれらの人々をだましましたが、北朝鮮が約束された楽園から遠く離れていることを知って、日本は彼らを正すために何もしませんでした。 私の国にも責任があります。 彼はまだできる人を取り戻すためにそれを理解する必要があります「文明は山田を非難する。 大阪の大学教授であるこの「RighteousOne」は、時には命の危険を冒して、これらを助けることに彼のキャリアを捧げました。本国送還» 1994年に設立された協会を通じて北朝鮮から逃げる。 他の人と一緒に彼はちょうど小さな勝利を勝ち取りました…

この記事は購読者のみを対象としています。 あなたはまだ90%を発見する必要があります。

あなたの好奇心のように、自由は限界を知りません。

最初の月は€0.99で記事を読み続けてください

すでに購読していますか? 登録

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。