北朝鮮が日本海に未知の発射体を発射

これは2022年の初めての発射です。北朝鮮は未確認の発射体を海に発射しました。韓国と日本は1月5日水曜日に、それが今年の平壌の一部の最初のそのようなテストを表すと発表しました。 韓国軍によると、現地時間の午前8時10分頃、平壌は半島の東の海(日本海、または韓国で知られている東海)に「弾道ミサイルの疑い」を発射した。 (23:10 GMT火曜日)。

韓国の統合参謀本部は声明のなかで、「韓国と米国の諜報機関は詳細を注意深く分析している」と述べた。 日本の岸田文雄首相は、「北朝鮮は昨年からミサイルを発射し続けている」ことを後悔することなく、「弾道ミサイル発射の可能性」について語った。

大きな進歩

岸田文雄氏は記者団に対し、日本政府は発射された可能性のあるミサイルの数など、詳細を分析していると語った。 日本政府の松野博一報道官は記者団に対し、「日本の飛行機や船への被害はこれまで報告されていない」と述べ、発射体は「約500キロ移動し、日本の排他的経済水域の外に着弾したようだ」と付け加えた。

>>また読む-中国、北朝鮮…日本は記録的な国防予算を目標としています!

2021年は、新しいタイプの潜水艦発射弾道ミサイル、長距離巡航ミサイル、および列車発射兵器のテストに成功したと主張する北朝鮮の主要な武器の進歩によって特徴づけられ、彼女は極超音速弾頭であると宣言しました。 先週の主要与党会議で、北朝鮮の指導者は、自国の軍事力を強化したいが、国際的な制裁の下にあるという彼の願望を繰り返した。

この新しい試練は、北朝鮮が米国当局と交渉するというワシントンの申し出に応じなかったために行われた。 2019年に金正恩と当時のドナルド・トランプ米大統領との会談が失敗して以来、米国との交渉は停滞している。

食糧不足

ジョー・バイデン大統領が1年前に就任して以来、米国は北朝鮮当局者と会談する準備ができていると繰り返し述べてきた。 しかし、北朝鮮はこれまでのところ、ワシントンが「敵対的」政策を追求していると非難し、申し出を拒否している。 金正恩は先週の労働党本会議後の演説で、米国に言及せずに武器プログラムを継続したいと述べた。

>>また読む–北朝鮮は核活動の再開が疑われる

昨年とは異なり、元首が外交政策に焦点を当てたとき、国家元首は経済発展と食糧事情を優先し、「朝鮮半島の軍事環境」と国際情勢について話し合ったと述べた。目を離さないでください。

韓国国家戦略研究所のシン・ボムチョル研究員は、「平壌は、米国に、それは変わらず、後退するのはワシントン次第だというメッセージを送っている」と述べた。 禁止された軍事計画で国際的な制裁を受けている北朝鮮の政権は、食糧不足に苦しんでいる。 10月に発表された国連の報告書によると、パンデミックと戦うための秩序ある国境閉鎖によって経済への圧力は高まったが、それでも北朝鮮が武器プログラムを拡大することを止めていない。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。