北朝鮮と同盟に関する韓国とアメリカの上級外交官の会合

ソウル、6月7日(聯合ニュース)-チョ・ヒョンドン国務副長官とウェンディ・シャーマン米国務副長官が火曜日にソウルで会合し、朝鮮半島の治安状況とさまざまな国の二国間同盟を発展させる方法について話し合った議論する領域。

北朝鮮は、ミサイル攻撃と核実験の可能性をめぐる緊張が高まる中、国務省で開催された両国のトップ外交官間の会談を支配した。

北朝鮮は日曜日、今年の初めから18回目の軍事的示威活動で、複数の場所から8発の弾道ミサイルを発射し、翌日、韓国と米国に同数のミサイルを発射するよう促した。

尹錫淑(ユン・スクヨル)大統領とジョー・バイデン米大統領がソウルで首脳会談を行ってから2週間後に会談したため、首脳会談で合意した合意を具体化して、二国間同盟を「包括的戦略的パートナーシップ」に発展させる方法についても話し合った。経済安全保障と技術協力を含む分野の。

明日、日本の森武雄副副大臣は、北朝鮮と他の地域問題に関する彼らの協力に焦点を当てるであろう三者協議のためにチョーとシャーマンに会うでしょう。

昨年11月にワシントンで開かれたユン大統領の就任以来、初めての対面三国間副大臣レベルの会合となる。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。